大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ②

1 / 7 ページ

前編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ①
後編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ③

【第1章:プロジェクト立ち上げ。

     避難所で何もすることがない、

     “ばあちゃん”のために。】


[ 2011年5月。吉野、大槌へ移住。 ]


4月の後半。

大槌町での物資支援活動にひとつの区切りを付け、東京に戻った久保に、一通のメールが届きます。

ネットを通じて大槌での活動を見ていた、

東京在住の吉野和也(よしの かずや)からでした。


メールは、要約するとこんな内容でした。

「会社を辞めて被災地に行こうと思っている。

せっかく大槌であそこまで築き上げた仕組みを引き継がなければもったいない。

長期で入るのならば大槌しかないと思っている。ついては、会って話を聞きたい」


なにはともあれ、久保と私の2人で会うことにして、

高田馬場の喫茶店で待ち合わせました。

ウェブ関連の制作会社に勤めていたという30歳の吉野は、

物静かな雰囲気で、淡々とこれまでの経緯を語りました。

聞けば、気仙沼や陸前高田など、とりわけ被害の大きかった場所をまわり活動していたのだそう。


岩手に縁もゆかりもない青年が、あてもなく、とにかくただ、

現地に入ることに決めたのだときっぱり言います。

感謝と尊敬の念を込めながら、「酔狂な人だねぇ!」と3人で笑ったのを覚えています。


これまでの日々が一変する出来事が起こり、

とにかく何かせずにはいられなくて現地に飛び込んだ久保と

身動きがとれないながらもサポートを続けてきた私。

マニュアルもなく、正解もわからず、いい大人がひたすらガムシャラに

試行錯誤をかさねてやってきましたが、

「見てくれている人はいるんだな」と、とても感慨深く、ありがたく思ったのでした。


移住に際して、久保から吉野に伝えたのが、

「気持ちは嬉しいし、尊いものだと思うのだけれど、

単身で飛び込むのはあまりにも無謀。

東京で、頼れるパートナー(後方支援)を見つけてからいくべし!」

というアドバイスでした。



現地で混乱の中を駆けまわった久保は、

みんなの読んで良かった!