今もRX-7とともにいる           

1 / 14 ページ

ー序章ー

MAZDA RX-7 (FD3sⅥ型)との付き合いは はやいもので16年目を迎える

現在の走行距離は約50,000㎞
自分でいうのもなんだが ここまで無事故で 車両コンディションは上々

2年前 息子が免許を取り クローズドコースで 

そして去年 公道で RX-7をドライブさせた


 息子にはRX-7入手に至る過程はざっとは説明してある

しかし まじまじと話したことはないので 

"いつか この記を息子が目にする機会があったら”

という想いもこめ

この RX-7(以下 FD )に乗ることになるまでの経緯について

ここに記憶をとどめるため文字に残すことにした


ー希望と現実ー 

26年前 就職して初めて買った車はEunos Roadster(NA6CE)


乗れば乗るほど愉しいクルマ

オープンで乗る爽快さとRoadsterのどこかノスタルジックでキュートなルックスも相まって 

 ワインディングを走ることが愉しくて仕方なかった

ここで得られる愉しさは 速さ ではなかった

 もっと愉しく 気持ちよく 走らせたくて 

あれこれ情報を集めながら 財布と相談しながら 自分なりのモディファイを施した

工賃浮かすためにいろんなことも覚えた

自分で触ると車の構造も良くわかってくる 

当時の仕事にはまったく役に立たない車の知識

仕事半分だったことも今となっては否めない が それが当時の自分だった

 何処走っても愉しくて サーキットにいったり 

ジムカーナをやったりもして 休日にしか乗らなくても 

1年で軽く15000kmをこえた

23歳当時 筑波サーキットに出没していた頃 

driver という雑誌の取材を受けたときの一コマ


Roadsterを買う前  当時 本当に欲しかったのはFDだった

まずは性能云々ではなく そのデザインに やられた のだが

量産国産車唯一のロータリーエンジンをパワートレインとする

マツダRXシリーズの系譜にも興味をそそられていた  


そして あの項は 速さ がアイデンティティであり

ステータスになりえた


ここでいう 速さ には

みんなの読んで良かった!