親に捨てられた子供はどうなるの?5話

前編: 親に捨てられた子供はどうなるの?4話
後編: 親に捨てられた子供はどうなるの?6話


祖父、祖母との別居がいよいよ決まりました。

継母にとってはまさに天国。私たちにとっては地獄。

とりあえずここで、継母の生い立ちを。


農家の娘として生まれる。頭は良くない。

どちらかというと精神的におかしな面が多々ある人。

親の言いなりに、看護師の資格を取得し、病院にて勤務。

そこで父親の妹と同じ職場になり、結婚しないかと持ちかけられたらしい。

また、農家の娘だけあって土地はたくさんあった。

その土地で父親が自営業を大きく展開していくことになった。


引っ越しをし、祖父も祖母もいない。

毎日、食卓には食事が並ぶ。

しかし、それを食べようとすると、父親のための物だと。

食べてしまうと容赦なく張り倒される。

子供は学ぶ。いかに怒られないようにしなきゃいけないのかを。

父親が食べないのか?と聞いてきても、お腹いっぱいなの。

そう言って私たちはやり過ごしてきた。

引っ越しと同時に保育園に通うことになった。

姉はそのとき、小学1年生。私は年中組、妹は年少組。

外に出ても自由はない。色んな事を話すと張り倒される。

聞かれた事のみに答える。

友達を進んで作ろうなんて思わなかった。

理不尽なのが、熱を出しても怒られたこと。

なんで熱出すの!!と。


父親もそんなことは知らなかった。子育てに興味もなかった。


とりあえずここで父親の生い立ちを。

戦時中、祖父、祖母の長男として生まれる。

祖父のギャンブル癖に家計が赤字。学校へ行くくらいなら働けと、小さいうちから仕事をしていた。

手に職をつけるため、丁稚奉公で職を身につけ、店を開業。

しかし、不慮の火事により、店を消失。

そこから再起をはかる。実母とは、父親の弟の居酒屋で知り合い

そのまま結婚。が、しかし、この父親がかなりの曲者。

女道楽がひどい人。結婚しては、次の相手を見つけてその女に投資。


継母に子育てを押し付け、父親は自由気ままに飛び歩く。

そんな父親だったから、子供が虐待されてたなんて気がつきもしない。


そして、継母の裏の顔。

宗教にのめり込んでた人だった。

その宗教に私たちは無理やり参加させられ、毎日お経を読まされてました。

なんでこんなことするのか?なんて小さいうちはわからなかった。

普通なのかと思ってた。

けど、何が違う。


続きのストーリーはこちら!

親に捨てられた子供はどうなるの?6話

みんなの読んで良かった!