【社会人編②】実は天職だった予備校講師

前編: 【社会人編①】夢破れ、社会人に…でもいきなり挫折からスタート
後編: 【社会人編③】英語ができない英語科講師のサバイバル術 前編

出社初日に教わった、一生忘れられないプロ意識



2015年1月、冬期講習が終わった翌日、

予備校講師として正社員で働き始めました。


担当科目は英語。


自分が受験生だった頃に一番苦手な教科だと

採用面接のときに訴えたのですが、


「大丈夫、英語科は先輩の先生がたくさんいて、
困ったら教えてもらえるから」という

共同経営者の返事にあっさり納得。


そこで納得しちゃいけないくらい
英語は本当にできないのに、

やっぱり私はそのあたりは楽天的なのでした。


配属になったのは、

英語科責任者が教場長をつとめる校舎。

そこでデビューまで

修行を積ませてもらえるとのこと。


いかにも「先生」な感じの

かたーい雰囲気の教場長からは、

きっつい先制パンチが。


「私もあなたも同じ『先生』です。

生徒の前ではあなたが未熟だということは
全く言い訳になりません。

日々研鑽に励むように」


厳しいけど、すとんと腹落ちしました。


「そうですよね、
◯◯先生も私も同じ『先生』ですもんね」と

大先輩を目の前にして口に出してしまうアホな私ですが、


この時教えていただいたプロ意識のおかげで、

私は予備校講師の仕事を

なんとかやってこれたのだと思います。


その教場長からは、

「予習は会社では一切NG」

というさらなるプロ意識も植え付けていただき、


3日後に迫る3学期の授業から

授業デビュー決定という通知を受け取るのでした。




続きのストーリーはこちら!

【社会人編③】英語ができない英語科講師のサバイバル術 前編

みんなの読んで良かった!