【社会人編⑦】塾講師から美術へ!がんこ職人との人間関係作り…

1 / 2 ページ

前編: 【社会人番外編】失意の退職…働かないって辛い…
後編: 【社会人編⑧】女性を活かせる会社作りの裏にある女の戦い

大学受験予備校から舞台美術へ


12月に結婚式を挙げて、

翌年1月から、

父親の経営する舞台美術の会社で

働き始めました。


クビになった時は本社で働いていましたが、

今度は製作の工場に配属になりました。


配属とは言っても、

「そもそも工場には製作担当の社員しかいない」

というのが配属理由なので、

仕事はゼロから自分で作る状態です。


わからないので、まずは掃除から始めました。

ゴミ袋を持って工場の中を歩きまわり、

質問しまくりながら、

工場の中を把握しはじめました。


「職人」の言ってることがわからない


「これは何?」と質問するものの、

何を言ってるのかわからないことが続出。


まず、専門用語が多すぎる。

そして、そもそも職人は

人にものを教える前提がないのです。


実際、打ち合わせも、よく聞いてみると

「こんな感じ」とか

単語のつぎはぎの言葉のやり取りで進んでいく。


参考資料として見せられた画像と

キャプションの文章が噛み合わないのに、

「ああなるほどね、わかった」と反応していて

ぎょっとしました。。


私が翻訳係としてよく駆り出されたのは、

縫製の仕事の職人である母親が

平成の新人に仕事を説明するシーン。


この道30年の経験豊富な母親からすれば、

みんなの読んで良かった!