【おしゃべりな胎児④ 〜お金がないって、ウケる!?〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

1 / 2 ページ

前話: 【おしゃべりな胎児③ 〜つわりの終わらせ方〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし
次話: 【おしゃべりな胎児⑤ 〜ママがやりたいこと、胎児がやりたいこと〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし


◆第四話◆ ~お金がないって、ウケる!?~




つわりは今日で終わりーーーっ!!!



ペルたんの言う通りに宣言してつわりを終わらせた妊娠8週。

つわりがグンと軽くなり、これで一安心かと思いきや、ペルたんの主張は止まらなかったのです。




早々に家事を手放してはみたものの

今度は仕事中にペルたんからの声がカラダの中で響くようになりました。



胎児(ペルたん)
ママ、ねむいよ。








自宅をサロンにして整体の仕事をやっていた私は、特に通勤時間も必要なく比較的自由なお仕事スタイルをとっていました。


そして仕事に関しては大好きな仕事なので、妊娠してもやれるだけやりたい!という気持ちが大きかったのです。

だから産前働けるギリギリまでは働こうと思っていました。


だから最初はペルたんの声も気のせいだと思いスルーしようとしてしまっていたのですが・・・




胎児(ペルたん)
ママ、もっと施術を減らして!
止まって!もっと寝たい!


どんどん声は強くなっていきます。




ペルたんを妊娠することは計画していたわけではありませんでしたから

特に妊娠直後は妊娠前から入っていたご予約で毎日がっつり埋まっていて。


いつもの身体であれば余裕で対応できるのですが、妊娠初期の大きく変化していく身体には正直負担があったのは確かです。

 

お仕事してクライアントさんの施術をしたりお話したりしていること自体は楽しい。

それでも終わるとどっと眠気が出てきてそれ以上何もできない。

カラダはもっと休みたいと言う。

 



胎児ペルたんや子宮からの主張で最初に葛藤したことは「止まる」ということでした。




今までずっと「頑張る」ことを続けてきた私にとっては

「動く」ことよりも「止まる」ことの方が恐怖だったのです。


動いている方が分かりやすい変化や成果が見えて、ある意味安心なんですよね。




特に私は自営業。

さらには夫も自営業です。



産休などの保証もなく、お互いに仕事の波もある。

タイミングの悪いことに、ちょうどその頃は夫の仕事の波が少し停滞している頃でした。




私が産休前に稼いどかなきゃ。



正直そんな焦りもありました。

そして大好きでやっているはずの施術を減らせと言われたことにショックもありました。




それでも止まれ減らせ寝たいと主張するペルたんに話しかけてみると・・・



ねぇペルたん。止まれっていうけどさ、今すぐ止まれってこと?
胎児(ペルたん)
そうだよ。何度も言ってるじゃない。
だってクライアントさんも私の施術を楽しみにしてくれているし
いずれ産休を取らせてもらうんだから今はできるだけやっておいた方が・・・
胎児(ペルたん)
ママ?他の誰かのためじゃなくて、
ママはどうしたいの?
う・・・でもお金のこともあるし
今のうちに稼いどかなきゃ。
胎児(ペルたん)
だいじょうぶだよ。
ママとペルたんはどうしたいの?
・・・もっと休みたい。



明らかにカラダは休息を欲していました。

でもその時は不安要素の方が大きかったのです。



まだペルたんを信じきれずにいました。




ペルたん、本当に施術を減らして大丈夫なの?
胎児(ペルたん)
だいじょうぶだってば。
ママは疑り深いなぁ。ペルたんのこと信じてよ。
だって私も施術メインでやってきてるし
私の都合で休んだりしたらお客さん減っちゃうかもよ?
胎児(ペルたん)
ママは本当にそれが心配なの?
うーん。
それもだけど、パパの仕事も今ちょうど少ない時期だし。このままだと2人とも仕事なくなっちゃったらどうすんの!?




私の中では深刻な心配事でした。

そんな私にこの後ペルたんが放った一言に、私は驚きのあまり腰を抜かしそうになったのです。




胎児(ペルたん)
・・・仕事ないとか言って・・・
ウケる〜〜〜〜〜(笑)
!!!!??


なんだこのキャラは!!?





いやいやペルたん、仕事なくなったらお金がなくなるよ!?
胎児(ペルたん)
お金ないとか言って、ウケる〜〜〜〜〜〜(笑)
いやいやいやいやペルたん!!
ウケてる場合じゃないし!!!!
ペルたんの産まれた後の生活に関わってくるんだからね!?
胎児(ペルたん)
そうやってママたちは自分で作った不安や心配の中で泳いでるんだね。
自分で作った・・・!?
だって今まで体験したことのない環境になるんだもん、不安や心配が出てきちゃうよ。
胎児(ペルたん)
それがオモシロイのに。


とっても驚いたと同時にすごく不思議な感覚でした。



ペルたんとこの話をするまでは、どこかお金の不安や、仕事がなくなっちゃうんじゃないかという心配や焦りがあったのに

私の中の一部である胎児(ペルたん)からはそれが「ウケる」なんて言葉が出てくるんです。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。