オーストラリアの美容院に面接,さっさと帰って!?

日本人のいない美容室で,働いてみたい願望

ワーキングホリデーで、オーストラリアに行った時の事。英語の語学学校に3ヶ月通った後、

英語もまあまあ上達したし、シドニーで仕事がしたいと思い、

日本で,美容師だった私は、新聞を見たりして、美容師募集を探し、

たどたどしい英語で何軒かの美容院に電話をしたのです。

この頃の私は怖いもの知らず!(笑)

ハロー、アイウッドライク トゥハブワーク。。
Oh we don't need anyone. Bye
ガチャン!きられた!え〜そんな〜.募集中って書いてあるのになんで??

そっかー言い方が悪かったのかな?それとも発音?

では違う店に挑戦!勇気を振り絞ってまたかけてみた。

メイアイ スピーク トゥ マネージャー プリーズ?
She is busy I will tell her to call you back.
What's your name and telephone number?
ア〜。。マイネーム、イズ。。。。ガチャン!

切られたー〜!またしてもだめ。。

2軒ぐらいでめげていたら何にもならないと思った私は、もう一軒かけてみた。

ハーイ、アイウッドライク トゥ ハブ アン インタビュー プリーズ?
Ok Can you come tomorrow 3pm?
イエス!イエス!アイ ウイル カム!

やった〜!面接してくれる!。飛び上がって喜びました。

私の英語が通じた!そして,面接もしてくれる!わ〜イわ〜い!!\^0^/


翌日,3時きっちりに行くと、お店の中はちょうどお客さんがきれたところのようで、

店員さんが床を掃いていた。

私が入って行き、

ハロー!アイ コール イエスタデー。
お店の人
Oh ...I will call you if we need you.
私つぶやき。。
ここですんなり引き下がっては。。。。
なんで面接らしい面接もしないで、電話するってどういう事?ここまで来たのに。。そんな。。。。
アイ ウオン トゥ ワーク。。
私つぶやき。。
突っ立ったまま、引き下がらす,その場にいた。
お店の人
Don't you understand? I said I will call you.
Anyway you don't understand what I even said How can you work with others? I think you should go home.
訳:電話するって言ったのよ、分かんないの?
いいわ、私の言った事も分からないのに、どうやってここで働く事が出来るの?
帰った方が良いわ。
私つぶやき。。
Oh.ok バイ。。。。

あの時は、引き下がらず、働きたいという強い意志を見せた方が良いと思って、帰らずに突っ立っていたけど、結局,本気で怒られて、帰れと言われてしまった。。。

つらかったあ〜。これが現実なんだと、思い知らされた。

少しぐらい英語が出来ると思っても、働くとなると、あまくない。が〜んとココロに突き刺さった。

トホホ。。^^;

その後は,友達の友達のオーストラリア人の家に,ラッキーな事に、ホームステイとして家に住んでも良いと言われて、日本人とフラットをシェアーしていた私には,英語に毎日触れられる、有り難いお話。

そのホストマザーはオランダ人で、どのようにして英語を勉強したかを教えてくれました。

今は英語がペラペラなマザーも、来た当時は,ほとんど英語が話せなかったそうです。

そこで、ホストマザーから伝授された、3つの英語上達法 をご紹介します。

その1)本を3回読む。

まず,読みたいなと思う英語の本(小説等)を見つけて、一通り読んでみる、どんな本でも良いけど,出来るだけ自分が興味のもてる内容の本。わからない単語があってもがんがん飛ばして、読み上げる。

そして2回目、今回は一つ一つ単語を調べて、読む。これは時間がかかるけど、これを頑張って,やり終えると、かなり内容が掴めてくる。

そして3回目、今回はかなり、初めから読めるようなっています。

え〜!英語の本なんて、あの分厚いペーパーブックを開いただけで、気が重くなる〜。なんて方もいるはず、私もそうでした。でも、どんどん小説の内容が理解出来るようになって行くと、おもしろい!

私は映画で上映された小説をまず選び、この方法で3回読みました。

これはおススメです♪ そして日本に帰って来てからも,英語の小説を電車の中で読んでいると、たまに外人の方から話しかけられたり。ハハ(笑)英語が話せるように見えるのでしょう。^^/

だてに、かっこうよく見せるのも大切♪

その2)英語の歌詞をスキャン,コピーして、わからない単語は調べて、覚え、毎日口ずさむ。

その3)あとは外人にあう機会があればハロ〜!って声をかけて、物怖じせず話しかける。外国人と話そう!見たいなサークルがあれば参加してみると良いですね。そういうところに来る外国人はとても、友好的♪

どんどん自分に挑戦して、頑張りましょう!

お読み頂き有り難うございます。^_^


 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。