13話 2人の子供は障がい。6年間不妊治療をしてやっと授かりましたが個性的な子供たち。さらに私の夫は…。私はエステティシャンの夢。波乱万丈な私の人生!<ムスメがてんかんの発作後変わり果てた姿に>

ムスメがてんかんの発作を起こしました。


痙攣は長時間続いたので重積痙攣と病院の先生に言われたのです。


はじめての入院で言葉の理解がないムスメ。


意識が回復したとき、状況をつかめず泣き叫び暴れたりしていないかどうか心配しました。


次の日の13時からの面会が待ち遠しくて。


病院に行くと・・想像していたムスメではありませんでした。


寝ていたのです。


時間がたっても起きない・・。


睡眠障がいのムスメにはありえないと思いました。


それから少ししてから目を覚まし。


なんだかうつろで私を見てくれない。


さらに、ムスメは起きようとするのですが、起き上がれないのです。



先生に聞くと、長時間の痙攣で体力が消耗しているから、心配しなくても元に戻ると言われました。

不安に思いつつ、家に帰りました。


次の日に病院に行くとムスメは起きている!


でもなんだかボーっとした感じ。

私を見てくれないし、起き上がれない。


心配で先生に聞きましたが、前日と同じ事を言われました。


日がたつにつれ、目を覚ましている時間も長くなりましたが、声も発せず目も合わせてくれない、起き上がれない。


不安になりまた先生に聞きましたが、同じ答えです。



その状態が続いていましたが、退院となりました。

もちろんムスメは歩けません。

家に帰ると座ることもできず、頭をぶつけると危ないので周りに枕やクッションをおきました。

この時も声もださない、笑わない、ボーっとした感じです。



何するかわからなく追いかけまわす日々とは全く変わってしまったムスメ。

大変だ〜と思える事が幸せだったんだと思いしらされました。


ママを大変だと思わせるくらい、はやく元に戻って!と祈る日々。



てんかんの治療は入院した病院でできないため、ムスコと同じ病院に通院することになりました。

そこの病院の先生にお聞きすると、長時間の痙攣で脳がダメージをうけ発達が後退しているけど時間がたてば元に戻るということでした!


先生の言葉に安心しました。



1か月が過ぎると座ってられるようになり、その後歩くこともできる様になりました。

少しずつ笑顔も増え、幼稚園に通える様に!


ですが今まで理解できたことを取り戻すには、半年くらいかかりました。

ムスメにとってあの痙攣は、発達を後退させるほどダメージが強かったのです。




あの時、ムスコが痙攣に気づいてくれていなかったら、今のムスメとは違っていたかもしれないと思うと・・


ムスコには本当に感謝です。


頼りになるお兄ちゃん、ありがとう。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。