きれいなのがフツー幸せがフツーの私になる③好きだったけど、なんで再婚したのかわからない

前編: きれいなのがフツー幸せがフツーの私になる②30代の再び青春時代 
後編: きれいなのがフツー幸せがフツーの私になる④別居結婚 それぞれ苗字が違う新家族


 遊んで遊んで遊びまくって
仕事もあっちへこっちへとしまくって
それでもって勉強もしまくってた中で、友人がひとりの男性を紹介してくれた。


初対面では

ふーん

笑顔が超ド級の柔らかさ
こんなふうに笑う人をはじめて知った。
なおさら、私との接点は何もないなと思った。

私には、ふたりのやんちゃな息子がいる
相手は真面目に生き、独身生活をチャラチャラと謳歌中。

何をしているのかと聞かれ、占いの勉強中といったら、はじめて
「凄いやん!  なれるわ。がんばり。」と言ってくれた。

はじめて、自分を応援してくれる人を見つけた
今の私を認めてもらえたような
そのうれしさだけが強く印象に残った。

でも不思議なもので、何がきっかけにということも何もなく、この日を境にしてデートを重ねることになった。

男と女というよりは、気の合う友人といった感じ。
何でも話せて、どんな話も聞いてもらえる
性の駆け引きをまったく意識することなく、安心して話せるはじめての異性。

彼には不特定多数の彼女がいたし
私にも他に彼氏らしき存在もいた。

けれどお互い、そんな探り合いをすることなく、都合が合う時間を見つけては会って話す、そんな若い学生カップルのような日々を過ごした。


そんなとき、運命の扉が開く


ある日、彼から電話がかかってきた。

ダーリン
もう、オレ死ぬし
元美
はっ?
ダーリン
今、その準備してる
元美
何、言うてんの!!!!!!

パートを4つ掛け持ちしてる私は、常に忙しい。
勉強もしたい。
そんな忙しい最中、この意味不明のセリフに激怒し、彼のマンションまで行ってブリブリ怒りながら様子を見に行った。

案の定、几帳面な彼は準備万端。

カーッと頭に血がのぼって

元美
あほーっ! 私、忙しいねん。
仕事終わるまで待っとき!

捨て台詞を残して、とにかく仕事に行った。
そして夜、彼を迎えに行った。

少し会わない日々が続いていた間に、彼は交友関係でズタボロに傷ついていた。
死を覚悟するほど、それはよほどのことだったのだろう。

彼は何も言わなかった。
そして、私に何も望まなかった。

私がその場で「じゃぁね」と言えば
「バイバイ」と一言ですべてが終わっただろう。


でも私が言ったことは

元美
どーすんの? これから

私には、再婚する気などまったくなかったし
彼も、一生独身で遊び暮らし、一生子供は作らないないと豪語していた。

なのになのに、口からでたこの台詞。


彼からしてみれば、占いを生業と目指しているふたりの子持ち女。
しかも3歳年上。
友だちとして付き合うにはいいけれど、本心はどうだったんだろう。

私は私で、もう結婚はしたくなかった。
仕事も確立したい。
それに本音を言えば、好みのタイプとは真逆。

でも、もう運命の扉が開いてしまった。


お互いの気持ちのケジメ
ふたりの息子へのケジメとして
清水の舞台から飛び降りるような覚悟で

「結婚式だけしよか」

それから、週末だけ彼が訪ねてくる別居結婚生活がスタートした。

続きのストーリーはこちら!

きれいなのがフツー幸せがフツーの私になる④別居結婚 それぞれ苗字が違う新家族

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。