金融バブルの星屑 その2 バブルの頃

1 / 3 ページ

前編: 金融バブルの星屑 その1 バブルの足音
後編: 金融バブルの星屑 その3 はじけたバブル

あれは何だったんだろう?日本中が狂乱したバブル。振り返ってみて今残っているのは派手すぎて着れないイタリア製のウグイス色や小豆色のダブルのスーツ。

まだ30代で独身でもあったので社費・私費共にで赤坂で飲み歩いていたが、終電車が無くなった後タクシーを呼ぼうとすると、「今からだと4時過ぎだって。」と、ママさんが叫ぶ。

「じゃあ4時まで飲んじゃいましょう!」


その内に個人タクシー軍団と知り合いより早い時間(といっても1時過ぎだってだが)に車を捕まえることができるようになった。

タクシーの運転手に「おまちどう様でした。ところで飲み物は何になされれますか?」

と聞かれた時は驚いたが、あんなに浴びる程飲んでいたのに、

「それじゃあビール」

と言っている自分にも驚いた。

彼かに取っても我々は上客。独身寮は東京から高速で30分で着くところで、往復でも1時間で長距離の一稼ぎができるルート。持ちつ持たれつの関係だった。


その頃、会社の財務部の幹部連中が一斉に飛ばされた。

所謂、財テクの失敗。

銀行は金融緩和のせいでお金がジャブジャブで貸せるもんなら何にでも貸していた。

「飛ばし」とか「宇宙遊泳」というのが引掛った手だが、簡単に言うと株券を元にした「ばば抜き」。

仕組みはこんな風。

運転資金がを借りたいが銀行から直に借りるには信用が足りない会社がいる。

銀行が株式を購入する資金を貸し付け、その金で株を買う。

その株を担保に証券会社が金を貸してくれる会社を探す。

その会社は銀行から財テク資金を借りて借手から株を担保にして貸し付ける。

何と銀行は「一粒で二度美味しい。」2倍の資金を貸し付けることができる。

ここ迄であれば皆んなハッピー。だが、世の中そんなに簡単ではない。

借手の会社。満期に返済できる様な会社だったら、この様な面倒なことはしていない。

それなりに問題がある。業績は良いかもしれないが成長に必要な金が足りないとか。

そこで次の獲物を証券会社と共に狙うことになる。

元本+利息で110になっている借金。担保の株の値段が同様に10%アップしていれば何の問題も無い。取り敢えずその時は。

こうして借金の元本はどんどんと増えていく。

いつしか株価とは関係が無くなっていくが、次の獲物がいる限りは問題無い。

その様に次のプレーヤーに「ばば」を渡そうとして気づくと誰もいない。

(あーあ、ばば引いちゃった)

気づいた時には担保の株券の価値は借金に比べると恐ろしく小さい。

銀行からの借金は減らないから差額が損失。

相手が一社ならまだしも数社。総額は数十億円。

高くついた「ばば抜き」。


取引銀行の担当者は貸す当ても無いのに預金目標を達成する為に物乞いの様にやって来た。

たまたま起債をしてお金が口座に溢れていた。

「平残10億でお願いします。」メインバンクの担当者。

「いやいやここは15億でお願いしなさい。」とは上司の次長。

こちらは何かある度に、「系列証券での飛ばしの件。約束の儲けとまでは言いませんので、何とかよろしくお願いします。」と、オウムの様に繰り返すのみ。

他にも邦銀の国際化が叫ばれた際に同行が手掛けたMBO(経営者による会社買収)に伴う資金調達で、財閥グループ各社に金融商品を押し付けたものの、その後の米国株式市場の混乱で再上場を果たすことが出来ずに焦付きの怖れが出ていたりした。この顛末は又後程。

この二人良いコンビで仕事も早く聞ける無理は相当に聞いてくれた。よってこちらもできるだけの誠意は示して行内での立場が良くなる様に配慮したつもりだ。


みんなの読んで良かった!