就活で全滅した元偏差値38の男が世界ランキング8位の大学院に合格するまで

1 / 9 ページ

2012年8月22日


1年以上続けてきた就活

その中で唯一、最終面接まで残った企業からメールが届いた。


「厳正なる選考の結果、残念ながら採用を見送りましたことをご通知いたします。

末筆ながら、貴殿のより一層のご活躍をお祈りいたします 。」


このメールには慣れっこだったが今回は心境が違った。


「これで完全に人生は終わったな。」


そう思いながら呆然としていた。



偏差値38から慶應大学へ


偏差値38


私の高校一年時の偏差値だ。勉強には一切口を出さない両親も、この成績には絶句していた。


同級生や教師からも思いっきりバカにされたのを覚えている。

「こんなに成績悪い人初めて見た~!」と素直に驚かれてしまうくらいの低さだった。


4年後、慶應大学に合格したものの、一番行きたかった国立大学には合格することが出来なかった。


浪人時代を含めて勉強期間は4年。総勉強時間は述べ10000時間ほど。

1万時間の法則に則れば、驚くような成績の向上ではない。

大学入学後、周囲の友人に聞いてみたことがある。



どうして慶応を目指したの?
友人A
成績がそれぐらいだったからだよ~!
・・・・・・・・・・・・・・・・



そもそもの頭の良さが全く違うのだということを認識させられた瞬間だった。


2012年の就職活動


2012年の就職活動はリーマンショックの影響がまだまだ残っていて、就職活動は全般的に厳しいものだった。2016年現在は売り手市場と呼ばれているが、当時は完全な買い手市場だった。


しかし、どんな状況でも就職口はある。

みんなの読んで良かった!