自分らしくを大切にする人生 その2 ~ゲイということは死ぬまで隠そうと、真剣に思っていました。~

1 / 3 ページ

前編: 自分らしくを大切にする人生 その1 ~ゲイとして生まれて小さい頃の悩み。ピアノ、ソフトボール、ゴム飛び、ニックネーム。~
後編: 自分らしくを大切にする人生 その3 ~罪悪感を感じた大学時代の同性との初体験~

今から20年前の、北海道大学に入学した僕です。


当時18歳。高校を卒業したばかり。



これが今の僕。去年撮影しましたが、38歳。

20年間でこれほど変わりました。


それは、自分を受け入れられるようになったから、

そこに尽きると思っています。


前回もお話ししたとおり、岡山の山間にある人口7000人程度の町に生まれた僕。

女のこと一緒に遊びたいっていう自然な思いも、周りからは変といわれ、自分の自然な気持ちを抑えるようになりました。


中学校高校くらいになると、異性ではなく同性に興味が向くようになり、

と書きましたが!そういえば、いきなり脱線ですが、

小学校のプールの授業で身体のいい男の先生が競泳パンツで泳いでいるのを見て興奮したのを思い出しまいた。

中学校までにもう意識し始めていたんですね。


その先生が背泳ぎで泳ぐ時、水面から大切な部分が出ているのを、一つ上の学年の男子達が、

「富士山、富士山!」って茶化していたのですが、

僕はその富士山をちょっと違う視点で眺めていたのでした、笑。


あれも本当に、懐かしい思い出です。

でもやっぱり、周りの「富士山」に対する気持ちと、僕の「富士山」に対する気持ちは全然違っているのに気付いていて、絶対人には言わないように、って思っていました。


そして、中学校、高校と(話を戻します、笑)なるにつれて、異性ではなく同性に興味が行くようになったのでした。

学校の教科書には、思春期には異性を意識するようになる、と書かれていても、僕の場合は全然異性に性的な意識は行きませんでした。行くのは男子ばかり。


よく、性的指向(同性を好きになるか、異性を好きになるか、またそもそも性的な意識が人にむかない人もいます)は趣味だとか、そんな風に言われることもあるんですが、

異性愛の方が、あえて選んで、異性を好きになろうとしていないのと同じように、

僕はあえて選んで同性を好きになろうと思って、同性を好きになっているわけではありません。


男性に、なぜあなたは女性が好きなの?

って聞いても、

それは、別に考えているわけじゃない、自然にそうだ、というと思うのです。


僕は同性愛者だから、男性で女性に性的な興味が行く気持ちってあまり想像できないんですが、

女性の胸に意識が行く人に、なぜ行くの?ってきいても、上手く答えられないと思うのです。

自然に興味が向くんだよ、と。


みんなの読んで良かった!