嫌いだった父が倒れたので、日本一周の旅に出ます。

1 / 3 ページ

父親のこと、好きですか?



私は嫌いです。


母親は好きですが。


ただ、なにもなく父親を嫌いになったわけではありあせん。


少しだけ私が父親を嫌いになった生い立ちを聞いてください。




「お父さんがいなくなった」


現場事務所で母親からの電話を受け取った時の第一声でした。


何を言っているのか理解できず、頭は真っ白。


この時、「平凡な生活が終わった」という不思議な感覚に襲われたのを今でも覚えています。




昭和60年、阪神が掛布・岡田・バースを擁して優勝した年に新潟県魚沼市で私は生まれました。


魚沼出身で祖父の代からやっている建設業を営んでいた父と、同じく魚沼出身の母の間に。


父は私が小学校に上がるころに自宅を建て、姉も含めた家族4人で平々凡々に暮らしていました。


私が小学生の頃に流行っていた遊びはテレビゲームはもちろんのこと、ミニ四駆、バスフィッシング、


遊戯王やポケモンのカードゲーム、ビーダマン、ハイパーヨーヨー、などなど、、、


なにをするにしてもお金はかかりますよねw


特にミニ四駆にかかるお金はやばかった気がしますww


周りの友達に比べ私の家庭では欲しいものはある程度買ってもらっていたので、


少しだけお金持ちなのかな?と幼心に思っていました。




中学生になるとさすがに↑のような遊びはしなくなり、川で泳いだり山に登ったりとザ・田舎な遊びをしてました。


なにをやっても友達と一緒だったらなんでもよかったんでしょうね。


今となっては懐かしい思い出ですが、


当時はトゥナイト2やミニスカポリスといったお色気バラエティが深夜に放送されていたので、


思春期真っ只中の私は眠い目をこすりながら違うものもこすっていたわけです。座布団2枚。


そんなムラムラしながら深夜起きている時に、


たまたまテレビでプロレスをやっているのを発見し衝撃を受けました!(男性の体に興味はありません。)




そこからはもうプロレスマニア一直線。


毎週プロレス雑誌を買うのは当たり前。


まだyoutubeがない時代だったので、近所のTSUTAYAに行っては昔のプロレスのビデオを何本も借りて観てました。


私も純粋だったので、何度がプロレスの試合に感動して泣いたこともありますw


男子なら一度は通るであろう、友達との関節技のかけ合いはほぼ毎日。


冬は雪の上でパワーボムやバックドロップなどの投げ技のかけ合い。


このころから将来はプロレスラーになりたいと思うようになり、


高校生になったらレスリング部のある学校に入学することに決めました。


ただ、レスリング競技はマイナーなスポーツのため私の地元にはレスリング部がある高校はありません。


そこで、実家から出てレスリング部のある高校で下宿生活をすることにしました。


普通は下宿生活にかかる家計への負担を心配するのでしょうが、


私の場合はお金に関する心配をすることなく育ってきたので何も考えてませんでした。


元々進学校に行く予定だったので父親には多少反対をされましたが、


「後で後悔したくないからやらせてくれ」


とちょっとかっこいいセリフを吐いて説得したのを覚えてます。




父親の説得に見事成功し、無事に新生活がスタートしました。


これまで特に運動をしてきた訳ではなかったので、レスリング部生活は想像以上につらかったです。(特に先輩からのいじめがw)


レスリング部での生活にも慣れ始めたこと、実家の母親から電話がありました。


もしもしけいちゃん?
久しぶり!どうした?
あのねー、お父さん癌だって。
え?マジ??
何年も健康診断に行ってなかったんだけど、たまたま行ってみたら癌が見つかったみたい。
え、大丈夫なの?
早期発見だったから、手術すれば大丈夫みたいよ。
そうなんだ、それならよかった。




母は私を心配させなたくなかったのか、淡々と話していました。


そのあと父からも直接電話があり、


「心配しなくて大丈夫だから」


とだけ言われました。


大丈夫とは言われましたが、この時はずっとそわそわしていたのを覚えています。


癌なんてテレビの中でしか聞いたことがないのに、まさか親父が。。。




私の心配をよそに手術は無事に成功し、その後の経過も良好でした。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。