【おしゃべりな胎児15 ~母親学級とペルたんの役割~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

1 / 3 ページ

前編: 【おしゃべりな胎児14 ~自分のうずから外れてるだけ~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし
後編: 【おしゃべりな胎児16 ~ペルたん、〇〇に反応する~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし


◆第十五話◆ 〜母親学級とペルたんの役割~




妊娠後期、だんだんとリアルになってくる初めての出産・子育てに向けて

ペルたんに教わること以外に何をしたら良いかわからなかった私は

市で開催されている母親学級に参加してみることにしました。



ペルたん、今日は母親学級だよ。
胎児(ペルたん)
ははおやがっきゅう?
いっぱいペルたんのおともだちと、
ママたちが来るんだよ。
おそらの上で仲良しだった子もいるかな?
胎児(ペルたん)
いるかな、いるかな♪
ははおやがっきゅうってどんなことするの?
うーんと、ペルたんが産まれた後のお世話についてお勉強したり練習したりするんだよ。
胎児(ペルたん)
ペルたんのおせわ?
じゃあいっぱいおべんきょうするんだよママ。
・・・はい。


いつもは「べんきょうなんてしなくていい」といったニュアンスのことを伝えてくるペルたんでしたが

この時は何やら母親学級に興味深げ。





気がつけば大勢の妊婦さんの集まりに参加するのはほぼ初めてのことでした。

ドキドキしながらドアを開けると、数十人以上の妊婦さんとパパさん達が勢揃いしていました。



妊婦さんが何十人も集まっているということは、

それと同じだけ胎児ちゃんたちも揃っているということ。



ここに倍以上の人数がいるのかぁ。



なんだか不思議な感覚でした。



胎児がたくさん集まっているからか、その場はとにかくすごいエネルギー量で

部屋に入った途端熱い熱い!





もしかしたら集まった胎児ちゃんたちもお腹の中でワイワイおしゃべりしていたのかもしれません。




みんなの読んで良かった!