僕が骨髄提供した時の話 〜退院後〜

前話: 僕が骨髄提供した時の話 〜患者さんへの移植〜
次話: 僕が骨髄提供した時の話 〜その後 2005年11月追記〜

[ 退院後 ]

退院した日、帰宅すると骨髄バンク財団から封書が届いていました。
お知らせなどはいつもこの封筒で届いていたので、特に気にかけず封を開けると、中には1通のお手紙が・・・。

実は、患者さんとドナーは、お互いを特定できる内容を記述しないことを条件に、2度まで手紙をやり取りすることができます。
当然、名前や住所は書けませんが、お礼や励ましの内容で。

本当に提供してよかった!!
読んだとき本気で思いました。
この手紙は僕の宝物です。

今回、自分がドナーになってみて、確かに職場や家族にも迷惑をかけるし、自分の身体にも負担がかかるし、ドナーにはメリットは無いような気がするけど、誰かに生きるチャンスを与えられるって多分もう2度と無いだろうし、宝物もできたし、家族に対する考えも変わったし、トータルではメリットはあったなって思います。

貴重な体験をさせてくれた患者さんにも感謝しています。

そして最後に、しっかり生き抜いて欲しい。病気に打ち勝って欲しい。
僕と同じ血が流れてるどこかの誰かさんに。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ここで、2005年4月に書いた日記は終了です。
でも、この時は分かっていなかったので、その後起きる悲しいできごとに・・・。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

僕が骨髄提供した時の話 〜その後 2005年11月追記〜

著者の橋本 謙太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。