(書きかけ)子供達に何かを伝えたい

1 / 2 ページ

誰かに何かを教えてるということ

約4年前・・・

「専門学校の講師をしてもらえないか」という連絡が入った。

私は大学を卒業してからずっとイベント業界で働いてきた。

サラリーマンから独立し、これから自分で頑張っていかなければならないと

心に決めたばかりの時期だった。


専門学校の講師?!


1講義で、私の経験を喋ればいいのかな?位に思ったが、

「週2回で1年間やってほしい」とのこと。

読んでいる皆様ならばいかがだろうか。

自分の仕事はもちろんそれなりに自信はある。

後輩も部下も育ててきた経験もある。

じゃあ、「先生」と呼ばれる立場に自分がなれると自信を持って言えるだろうか。


その頃の私は独立したばかりで、正直定例化した仕事はもちろんなかった。

妻や子供たちを養っていかなければなかった。

「やります!」

自信からではなく、不安から出た返事だった。


その連絡を受けたのが2月。

2ヶ月後の4月から早速授業を行うという。

俺が出来ることと言えば「イベント」だけ。

生徒たちに伝えられるものはあるのだろうか。



【仕事を探せ】

専門学校の「実習」を受け持った。

実際に生徒たちに「イベント」を作らせて、実際に本番を行わせる。

イベントの「イ」の字も知らない生徒が本気のイベントを作るのだ。


生徒たちに企画させ、実際にイベントを作らせる。

ほとんどの生徒から「何すればいいんですか?」と言われる。

その時に答えるのが、

「何すればいいのかを考えて。これから社会人になって、エサを与えられるのを待っているだけの人間にはなってほしくない。自分で考えてエサを・・・仕事を自ら探し出せる人が欲しい。お前たちは俺の敷いたレールに乗りたいの?いつまでも先生や講師が与えてくれるものを喜んで受け止めてるのは子供。社会人になりたいなら「自ら探し、自ら奪い、誰かに与えられる」存在になって。「自分たちのイベント」を「俺のイベント」にしていいなら仕事を与えてやるけど?」


まぁ、反応は薄い。

50名近くいる中で反応してくれるのは1/3程度。



【仕事は辛い】

「イベントの仕事は98%辛い」・・・私が良く使う単語だ。

みんなの読んで良かった!