【第3話】出会いは突然に

前話: 【第2話】いざ新潟へ!夏の始まり
次話: 【第4話】友達 出会い 真っ白

会社を辞めて新潟についた俺はペンションオーナーである片桐さんと出会った。そして車でペンションまで送ってもらえることになったのだが...



車は稲がびっしりと生えた田んぼが広がり、緑豊かな道を進む。

道の向こうには透き通った川が見える。本当に綺麗な場所だ。




「ヘぇ~。前田君はプログラマーだったんだね。僕にはそんな難しいのはできないよ。」

片桐さんが呟いた。俺は謙遜した素振りを見せる。

話を聞いて見ると片桐さんの方がもっと凄い人だ。元プロのスキーヤーで、海外でバックパッカーをした経験があるらしい。


俺はペンションでの仕事場のことが気になって、片桐さんにどんな人がいるか聞いてみた。


片桐さん、どんな人が働いているんですか?
片桐さん
えーとね。夏休みは大学生が中心かな。ほかにも社会人と海外から来た留学生、あと女子高生も少しいるね!
じょ...ジョシコイウセイ!?


俺は自分の耳を疑い、頭が真っ白になった。俺の記憶の高校生活は空白になっている。

高校で暗黒時代を過ごした俺は3年間の記憶がなぜかない。

車にはねられたりとかはしていなのだが、韓流ドラマばりの記憶喪失で記憶がない。都合の悪いことはすべて忘れたのだ。



女子高生なんて未知なる未確認生物UMAと同等だと思っていたので、俺の人生にかかわることなどもうないと思っていた。

しかしここにきて、まさかJKなるものと関わることになるとは。つくずく人生とは本当にわからない。

歳は相当違うだろうし、話になるのだろうか。

きっと人生最大の難関が自分に訪れるだろうと息をのんだ。

色々と不安を心に感じながら車に揺られていると、やがて車はペンションについた。

周りを山に囲まれた一角に、洒落た白い西洋風の建物がそびえたつ。

ここが今日から夏のひと時を過ごすペンション『シオン』だった。




シオンに入ってみると眩しいシャンデリア、掃除がいきわたった清潔感あふれるソファー、どこか温かみ感じられるフロント...。

思わずため息が漏れる。ここだ。写真で見た異世界で間違いない。

2階に続く大階段があったのでフらりとあがってみた。有名な絵画が壁に飾られている。

登り切った2階には先がどこまでも続く広い廊下がある。

番号が振り分けられた部屋が規則的に並び、窓からは外の美しい景色が見えた。

外の風景に見惚れていると、後ろから喋り声が聞こえて、階段から誰かが登ってきた。

振り返ると、そこには色白で黒髪が美しい長身の女性がいた。



その人はまるで...花にたとえるとユリの花のような綺麗な女性だった。

一瞬その人がこちらに気がつき、目が合った。彼女の目の色は少しヘイゼル色が混ざっていた。

(う・・・うつくしい)
謎の美女
・・・・・・


だが、目を背けられ友達らしき人と奥の方に歩いていってしまった。


すれ違いさまに、いい匂いがした。


胸の鼓動が早まりドキドキしている。この動悸はなんだろう。

それにあの人は一体だれだろう?でもどこか懐かしい感じがする。

一度も会ったことがないのに...。


不安と期待が入り交じり、きっと何かが始まろうとしている。


そんな予感を感じていた。

続きのストーリーはこちら!

【第4話】友達 出会い 真っ白

著者の前田 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。