エストニアどうでしょう ②ー② 世界遺産 タリン旧市街散策

1 / 3 ページ

前編: エストニアどうでしょう②ー① タリンの第一印象
後編: エストニアどうでしょう③ エストニア滞在二日目に突然インタビューされて現地の新聞に載った話

タリン、ヨーロッパ初めての朝・世界遺産タリン旧市街


エストニアに到着して初めての朝を迎えた。

僕は起きてすぐに、散歩に出た。ホテルの玄関を出て、歩き始めるとすくに、昨晩タリンの街に抱いた懸念は間違っていたことに気づいた。


昨晩僕が夜更け前のタリンの街に抱いた印象は、ホテルのフロントの女性が綺麗だったことを除けば「旧ソ連・埃っぽい・暗い・発展途上国」といったネガティブなものだった。


しかし一晩明けてみてどうか。そこに広がっていたのは紛れもなくヨーロッパの街そのものだったのだ。


高く青い空、緑色の葉をつけた大きな木々、右側通行の車道、ヨーロッパ特有のストリートの表記、林の先に見えるレンガ造りの塔、夏なのに冷涼な気候


それらを一時に体感した僕は「ついに来た!自分は本当にヨーロッパに来たんだ!」という感動と清々しい気持ちで心が満たされた。



初めて一人で行った外国。だけどそんな不安を打ち消すような、幸先の良いスタートだった。


そしてスタートを切ったその日、僕は朝から語学学校に行くことになっていた。


事前に日本からメールで連絡を取ったのは語学学校の校長だけで、その時点では頼れるのはその人しかいなかった。このとてもリーズナブルなホテルを紹介してくれたのも校長だった。


その日は初日だったので、語学学校の校長が直接ホテルのフロントまで迎えに来てくれた。


校長
ナイストゥーミーチュー!
ナイストゥーミーチュー!


語学学校校長である彼女の名前は カトリーン。エストニアの第二の都市「タルトゥ」出身の中年女性だった。見た目がムーミンママみたいだと思った。


ホテルから語学学校までは目と鼻の先だったので二人で歩いて行くことにした。緊張していたのと英語で話すので精一杯だったので、あまり詳細な内容は覚えていないが、簡単な自己紹介をした。


ものの5分で語学学校に着いた。



校長
道は覚えられた?
もちろん!
校長
一本道だから迷いようが無いわね。


校長
もうすぐ英語の先生が来るわ、教室で待ってて


教室でしばらく待っている間、室内を眺めていた。室内にパネルヒーターはあるけどエアコンは無し、窓は二重になっている。うーん。いかにも冬寒くて夏涼しい北欧っぽいなあ!!


しばらくすると、白人の英語教師が登場した。彼の名はアンドリュー。イングランド人の英語講師だった。


英語講師
よろしく
よろしくお願いします
英語講師
アンドリューです。どうも。
どうも。シンヤです。
英語講師
早速だけど外に出ようか
えっ?なんでですか?
英語講師
初回だから今日はフィールドワークも兼ねて旧市街を案内しようと思ってね。
旧市街を案内してくれるんですね。是非!


語学学校の目の前に旧市街はある。旧市街を中心として道路が環状になっていて、その環状道路沿いに語学学校も泊まっているホテルもあるのだ。だからだいたい何処に居てもだいたいタリン旧市街は僕の目の前にあることになる。

みんなの読んで良かった!