第13話:みんなが幸せになったネパール、インドでチャリティーの旅

1 / 6 ページ

前編: 第12話:幸せな結婚をするための秘訣
後編: 第14話:私は宇宙人!?

二人の同じ夢

彼とまだ結婚する前、インドのアシュラムにいたころ、私たちはお互いの夢を語り合っていた。


「僕がしたいことは、貧しい子供達が教育を受けられるようにするサポートなんだよね」


私が小さい時に抱いていた夢と同じだ・・・。



日本に帰ってから、彼と再会できるまでの1年間。

私に何かできることを先にして準備しようと思った。


私にできることは・・・そうだ。ヨガ。ヨガをして、参加費をチャリティーに回そう!


そして、チャリティー・ヨガのワークショップを開いた。


ブログで呼びかけると、なんと生徒さんたちも、自らチャリティーヨガを開催してくださり、その寄付金を送ってくださったりした。


youtubeを使って、瞑想の音声を配り、それで寄付を募ったりもした。


それで、短期間の間に、およそ20万円が集まった。



日本では、そのころ、断捨離が流行っていたので、


どうせ捨てるなら、貧しい子供達のために再利用してもらいませんか?


と呼びかけると、多くの人が、インドやネパールに自腹を切って、送ってくれた。





彼とインドで再会。日本からの温かい気持ちとともに、200着以上の服が届いていた。


日本でやることは、やった。


次は、インドの彼にバトンタッチだ。


これからインドでどうやって、チャリティーを進めていけば良いのか私には見当もつかなかった。


誰に、どんなサポートをすればいいのだろう?その判断基準は?




みんなの読んで良かった!