第13話:みんなが幸せになったネパール、インドでチャリティーの旅

1 / 2 ページ

前編: 第12話:幸せな結婚をするための秘訣
後編: 第14話:私は宇宙人!?

二人の同じ夢

彼とまだ結婚する前、インドのアシュラムにいたころ、私たちはお互いの夢を語り合っていた。


「僕がしたいことは、貧しい子供達が教育を受けられるようにするサポートなんだよね」


私が小さい時に抱いていた夢と同じだ・・・。



日本に帰ってから、彼と再会できるまでの1年間。

私に何かできることを先にして準備しようと思った。


私にできることは・・・そうだ。ヨガ。ヨガをして、参加費をチャリティーに回そう!


そして、チャリティー・ヨガのワークショップを開いた。


ブログで呼びかけると、なんと生徒さんたちも、自らチャリティーヨガを開催してくださり、その寄付金を送ってくださったりした。


youtubeを使って、瞑想の音声を配り、それで寄付を募ったりもした。


それで、短期間の間に、およそ20万円が集まった。



日本では、そのころ、断捨離が流行っていたので、


どうせ捨てるなら、貧しい子供達のために再利用してもらいませんか?


と呼びかけると、多くの人が、インドやネパールに自腹を切って、送ってくれた。





彼とインドで再会。日本からの温かい気持ちとともに、200着以上の服が届いていた。


日本でやることは、やった。


次は、インドの彼にバトンタッチだ。


これからインドでどうやって、チャリティーを進めていけば良いのか私には見当もつかなかった。


誰に、どんなサポートをすればいいのだろう?その判断基準は?




でも、彼は、とてもいいアイデアを持っていた。


学校へ行って、学校の先生に、貧しい子供を選んでもらい、何が必要かを直接聞いて、それを支給するというやり方だった。


そして、私たちは一緒に、いくつかの学校を回った。


中には、制服しかもっておらず、家でも制服で過ごしているという子供達もいた。


孤児院や、親から離れて働きながら学んでいる子供も多い。



子供達が、何に困っていて、何を必要としているのかー。


直接たずねることで、こちらの思い込みで、必要ないものを押し付けずに済むし、


特に困っていない子供に、無駄に寄付が回ったりもしない。



ヨガの生徒さんたちは、心優しい人が多くて、インドの子供達の写真を見て、泣いてくれたり、一緒に心を痛めてくれたりする。



そんな協力者のおかげで、インドのみならず、チャリティーをネパールまで広げることができた。




特に、ネパール大地震が起きた時は、1週間で、生徒さんたちから10万円が集まり、ネパール人の信頼できる友人に送って、すぐに活動してもらった。



世界中から寄付や物資が集まっていたのに、ネパール政府は、あまり動かなかった。

私腹を肥やすのに使ってしまったり、貧しい人々にお金が行くと自分たちの支配コントロールがきかなくなると恐れて何もしない政治家たちがいたらしい。




ネパールの友人、チワン君は、とても信頼できる誠実な人柄だったので、安心して、日本から寄付金を託した。


チワン君は、私たちが学んだインドのアシュラムで働いていて、子供たちに教えたり、スワミが出張にくるときには場をオーガナイズしたり、スワミのお世話をする仕事をしている。


2014年7月。私と夫がインドで結婚手続きをする日のことだった。

付き添いにきてくれたチワン君に、

「お寺の息子さんなんだよね。将来、お坊さんとして後を継がないの?」と聞いた。

「将来、ネパールの貧しい子供たちを助けるような仕事をしたい。そのためにオーストラリアに福祉の勉強にいきたい。今、留学のための試験を受け続けているけど、何度も失敗している。でもまだ挑戦するつもり」と彼は答えた。

私は、それまでにすでに、いくつかのチャリティーをインドでしていたので、

「オーストラリアに行くまでもなく、今すぐやろうと思えば、できるよ!あなたの思うような規模ではないかもしれないけど、私たちがやっている活動に参加する形でよければ」という話をしていた。



そして、チワン君の夢を知った翌年の2015年、ネパール大地震は起きたのだ。



チワン君がもしオーストラリアに行っていたら。

私が、あの時、彼の夢について聞いていなかったら。

あのネパール大地震で、救えなかった命があったかもしれない。



チワン君がネパール人だったことも。彼も私たちと同じ夢を持っていたことも。

そして、3人一緒にいると、気が合って、楽しかったことも。

全部、運命が仕掛けたことなのだろうな、と思う。



そして、2016年。日本から私たち、ネパールへ向かった。

大地震の時、チワン君が寄付してくれた場所を、チワン君が案内してくれ、一緒に訪問した。


チワン君からの簡潔なメールで、日本からの寄付が、多くの人々の役に立てられたことは知っていたが、具体的にはどんな場所に、どんな人々がいて、どんなストーリーがあるのかは、実際に訪問するまで、全く知らなかった。


チワン君は誠実で、礼儀正しいだけでなく、要領もよかった。アシュラムでいつもスワミのお世話をして、講義の準備などをしているためだろう。


電気もお湯もいつでも好きな時に手に入るわけではない、とても不便なネパールだが、チワン君は細やかな気遣いで、滞りがないように、全てがスムーズに進むように段取りをしてくれていた。


ただ、寄付がいるような場所というのは、とてもアクセスが悪くて、そこに辿り着くまでに、相当ハードな旅になった。


ジープで、ガタガタの道で、間違えれば落っこちてしまうような崖っぷちを1日走り、翌日7時間半も山道を歩いて、ヒマラヤの3500メートルの位置にある学校へようやく着いた。

体もヘトヘト、頭痛はするし、ついてすぐ4時半ころから、翌朝まで寝てしまったほどだ。



しかし、苦労して行き着いた学校では、想像を絶するようなことが待っていた。



向こうの習慣では、ゲストが来た時や帰る時に、リスペクトの気持ちを込めて、首にシルクの布をかける。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。