アルコール依存症の母が死をもって私に気づかせてくれたこととは。

1 / 8 ページ

せめて私が生きてる間に気づいて欲しかったわ。

母が死んだ。

アルコール依存症だった。

アルコール依存症とわかってから15年間母は酒を飲み続けた


アルコール依存症の人が選択できる道は二つ。

酒を断つか、死ぬまで飲み続けるか、だ。

母は死ぬまで飲み続ける生き方を選んだ。


それゆえに私は15年間、悩み、苦しみ続けた。


母は独りで暮らす部屋で脳出血で倒れそのまま息を引き取った。

発見された時の状況や母の携帯電話の通話記録から死後24時間くらい経っているのではないか、

とのことだった。

まとめると、

”アルコール依存症だった母が一生飲み続ける生き方を選んだ結果、

誰にも看取られることなく孤独死した”ということ。

警察からの連絡を受けた私は冷ややかだった。

正直、”やっとくたばったか”と思ったくらいだった。

それから「クソッ」と舌打ちした。


母が死ぬ一ヶ月前のこと



相撲が大好きな母を両国国技館へ連れて行った。


その頃の母は1年前に酔って転んだことによる背骨の圧迫骨折の治りが悪く、

引きこもりがちになったため脚力が衰え、長い距離を歩くことが出来なかった。

目的地へ行くためには数十メートル歩いては休憩する、を繰り返し前進していった。

脚だけでなく全身の筋力が衰えていたらしく、失禁が当たり前だった。

尿意をもよおしてからトイレにたどり着く間尿を止めておくことが出来ない。


しばらく会っていなかった私は母がそんな状態だとは把握していなかった。

相撲、観に行きたい。絶対行きたい‼︎
わたし
圧迫骨折して動けんのやなかったっけ?
大丈夫なん?
大丈夫、大丈夫。
もう歩けるよ。心配すんな、私行けるし。

本当かなあ?

とは思ったが意地でも行くと言いはるのでそこは本人の意思を尊重した。


実際会って母と並んで歩くが速度は赤ちゃん並みで、

今日中に国技館にたどり着かないのではないかと思った。

みんなの読んで良かった!