オンラインゲーム(MMORPG)と共に生きた10年 その2

1 / 2 ページ

前編: オンラインゲーム(MMORPG)と共に生きた10年 その1
後編: オンラインゲーム(MMORPG)と共に生きた10年 その3
FF11の運営の酷さと、26時間戦い続けるとか無謀な事やって
何かを突き抜けてしまった結果、
燃え尽き症候群みたいになってしまって、
ヴァナディールの世界から旅立ってしまいました。

たどり着いたのは日本の戦国時代。

信長の野望 On-line

洋風ファンタジーに飽きてきた頃、
ポストFFの筆頭として信Onの運営人気が高まっていました。
まだβテストだというのに、運営の対応が神懸かっていたのが好評の理由。
FFはなんだかんだいって闇パッチは充てるわ、下方修正づくしのマゾ仕様をやめないしで、
なかなかに酷いありさまでしたので、反面教師としても比較されたのではないかと思う。

久しぶりの対人戦闘要素のあるオンラインゲームという事で、
少しだけ真面目に遊んでみました。
国を勝たせるという事は、一人では勝てないわけです。
ですから、歯車となって貢献する。
弱いなりに(笑)

仮想世界の政局

そうすると、面白い事に、
たかがゲームなのに権力争いが起きるんです。
だれが主導権を握るか、発言権を持つか。
プレイヤーとして強くても中の人がクソだと組織はどうなるかを目の当たりにした気がします。
そして、優秀な人間を蹴落とし、下衆な人間が牛耳ると、
国は一気に滅亡への歩みだす。
それはもう、リアルのここ3年が思いっきり物語っていますが、
仮想世界で10年前にも体験しました。
そして忍従の3ヶ月、敗戦続きの国内の雰囲気は荒れ、晒し叩きが横行し、
人材流出も止まらなくなっていく。

勝ちたいのだろう?

人は城、人は石垣と武田信玄は言った。
だがこの国では人材流出が止まらない。
そりゃそうだ。
何か目立てば叩かれ晒されるのでは、人間不信にもなろう。

果たして不平を言って暴れている輩は、勝ちたいのか、上に立ちたいだけなのか。
とうとう見かねて少しだけ指揮系統に口を出した結果、良い結果を出すハメになってしまった。
結果として当然、発言権が回ってくる。
「皆は勝ちたいのであろう?」と問う。
「ならば、己が出来る事を行い、すべき事をするべきだ」と。
1、まず定期的に会議を開くこと、これを「評定」と名付ける。
2、次に、個別に戦場を動いても戦局が把握できず各個撃破されるので、

みんなの読んで良かった!