オンラインゲーム(MMORPG)と共に生きた10年 その1

1 / 4 ページ

後編: オンラインゲーム(MMORPG)と共に生きた10年 その2
私がオンラインゲームを知ったのは1998年頃のPC雑誌だかだと思います。
元々は光栄の信長の野望シリーズとかを、電話回線とかで繋いで遊べたらいいのにとか思ってた時期があって、
パソコン通信なるものの存在を知ったときには、そういうものが早く現実になるように夢見ていた時期もありました。

オンラインゲームは、その時雑誌で見て
とうとうここまで来たかという感じでした。
「ウルティマ・オンライン」

しかし、私の家にはインターネットはまだなかった。

初めてのオンゲ

初めてオンラインゲームをやったのは、
SonyのブランドであるSCEIが運営するCGIベースのWEBゲームでした。
タイトルは忘れましたが、掲示板を国として設定してあって、行き来したり、モンスター倒したり、チャットしたりできた記憶があります。
やがて我が家にもADSLを引ける事になり、
そのゲームがサービス終了になったこともあって、
しばらく議論系掲示板に引きこもっていたのですが、
愛用のPower Macさんがご臨終なさって、5年ぶりくらいにWindowsマシンを組む事になりました。
Windows98 Second Editon
AMDの700Mhzでメモリーも64MB積んで 
グラフィックカードは3Dも一応対応なMillenium400を積んだ。
HDDは10GBとかだった気がする。

そのスペックでなら、ウルティマオンラインが出来る!という事で、
初めてオンラインゲームのパッケージを購入しました。

ネット暦2年

1999年7の月。
我が家にISDNが引かれてすぐにホームページを投資なしで作るという
初心者にはハードルの高い事に手を出す。
そして、「ご近所さんを探せ!」というサイトで、趣味や羅いろいろな仲間を探しては、
20も30もサークルを作って管理運営してたりしました。

星の数ほど作っては潰れて、でも5つくらいは恒常的に、そして中堅よりは少し大きいサークルをやれていました。

他にも政治や歴史とかを語る議論系の掲示板にも出入りしてましたが、2ちゃんねるは嫌いでした。

はじめてのUO(ウルティマオンライン)

そんな私は、グループを運営するというのが好きなのか、性分なのか・・・。

UOを初めて最初の出会いは、
ボランティアプレイヤーによる、初心者サポートプログラムと、初心者の町ヘイヴンでありました。
コンパニオンと呼ばれるベテランプレイヤーの人々によって、
この世界の初期の案内や質問サポートなどが行われていて、

みんなの読んで良かった!