子連れでオーストラリアに留学してみた~準備編~

1 / 2 ページ

前編: 子連れでオーストラリアに留学してみた~その1~
後編: 子連れでオーストラリアに留学してみた~到着編~

上の子が6歳、下の子が4歳のとき、準備に取り掛かった。

いろいろな方の子連れ留学体験記をネットや本で読み、何となくイメージした。

が、

フリーな立場での準備ではないため、やたらと煩雑な作業に追われた。

県教育委員会に提出する書類の準備。

ネットがなければ厳しかっただろう大学院への出願。

子供たちを一緒に連れていくためのビザ獲得。


などなど。


やるべきことが多く、

なかなかTOEFLの勉強も難しく、

でも自分の夢をかなえるためならアドレナリンがでまくっていた。


まず、上司(校長先生)に相談。

いったんは却下されるも

「権利ですからどうぞ申請してください」

と次の日に言われた。

で、

県教育委員会に申請するのだが、

第3希望までの大学院について資料をいろいろ添付し回答を待つこと3か月。

「第3希望のラトローブ大学ならよろしいでしょう」


えっ、えー?!


なんで第一希望はダメなのよ?

直接県教委の担当者に電話で申し立て。

もちろん却下。

すぐに校長からおしかりを受ける。。。


仕方ない、第3希望でも通ったんだからいいでしょ。


もう進もう。

これはそういう運命よ。

きっとどこでもいい出会いがあるはず。


それは当たっていた。


あの場所で

たくさんの出会いがあり

人生で一番充実した時間だったと自信をもって言える。

死ぬときにきっと思い出すのは

みんなの読んで良かった!