視覚障害&発達障害?!25社以上転職しまくりダメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(6)

(6)旅行会社で頑張ったが、クビになりました!

こんにちは、
池袋で小さなひとり整体院をオープンして
6年目の 竹本淳一です。


ある時、小規模な旅行会社に
何とか入ることが出来ました。


さて、私がやってみたのが
その会社では全くやっていなかった
飛び込み営業。
(面接のときもそれをアピール)
(社長や上司も認めてくれました)

驚いた事に、この会社は近隣の営業廻りを
全くやっていませんでした。

そこで、私は、訪問販売の経験と
水商売で養われたガッツと熱意と

当時、竹田陽一氏のランチェスター経営
弱者の戦略の接近戦、多数回訪問を
学んでいた最中だったので、
それを実践してみました。

まずは会社の近場 半径500メートルから!
とっつきやすい出張パックのチラシを持って
こんちは~!と訪問し、挨拶をして
チラシを手渡す。

反応が良ければ、
格安航空券や慰安旅行やらの
お話をふってみる。


「旅行会社さんが飛び込み営業なんて
 初めてだわ~」
「暑いね、お茶でもどうぞ!」
「営業さん、頑張ってね、ほらこれ缶ジュース!」

太陽熱温水器や浄水器や施工業のときとは
異なり、かなり暖かな応対をいただけました。
今でも感謝しております。

そこで、名刺を頂いた方に
手書き絵葉書を送り、
新しい資料を作って再訪問。

面白いほどに、準見込み客が出来ました。

この集落では、他の旅行会社は
あまりそんな飛び込み訪問営業を
やってなかった!
いわゆるブルーオーシャンだったのです!


少額ですが、格安航空券や、出張ホテルパックの
注文がポツポツと入るようになりました。
 

そして、会社近くのお役所、水道局、
消防、警察、役所の出先機関・官庁
第3セクターなども廻って
慰安旅行を狙っていきました。


ついに慰安旅行が決まりました。
教職員組合の皆様の旅行です!


上司や同僚にサポートされて
そして、アドバイスを受けて
私が添乗員となり、
1泊2日の温泉旅行に出発!


自分では精一杯、頑張った(つもり?)
でした。


さて、ここからです。旅行が終わり
報告を済ませると
渋い顔をした上司に呼び出されました。


上司は静かに切り出しました。
「竹本さん、これ・・・」

お客様のアンケートでした。

「普通ね、お客様のアンケート
 好評なことが、当たり前なんだ。

 ところが、このアンケートの結果
 不評が多いのだ。 その理由として

 あの添乗員が一緒だったのが、何か嫌だった

 というのが、かなり多い。

 正直、ここまで酷いのは初めてだよ。

 貴方にこの仕事は向いていないのかもしれない。」


「申し訳ありません。もう一度チャンスを!」


次の慰安旅行、今度は水道局の皆様
出来る限りのことをしようと

上司や先輩に、細かい点を聴き
ロープレを見てもらいました。


しかし・・・今度もアンケートの結果は
悪かったんです。


次第に、上司や周囲からの対応が
キツくなってきました。ここでも
特に内勤の女性社員の方々の対応が
非常に厳しかったですね。

そしてある日
「竹本さん、あなたにはもっと向いている
 活躍できる世界がある!」

とクビの宣言です。
まあ、今までの中でわりと
おだやかなほうでした。


飛び込み営業のノウハウをまとめた冊子を
作っていましたが、会社に置いていきました。

そして、大量のお客様リスト。
クビになった私が持っていてもしょうがないので
これも会社に置いていきました。


ただ、あの会社の皆様の様子から

飛び込み営業はやらないでしょうし
準見込み客をフォローして、お客様にするとか
は、おそらくやっていないでしょう。


新規でお客様をゲットしても全く
歩合は付きませんでした。


ただ、この会社で得られたこと

普段、「待ち」の営業体制になっている
のが当たり前の商品・サービスを

「攻め」の営業体制に、ほんの少しでも
持っていけば、面白い結果になることがある!

という経験でした。


さて、次回からは水商売シリーズです!
水商売シリーズはかなり長編になると
思いますが、よろしくお願い致します!

池袋ファミリー整体院
竹本淳一でした!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。