視覚障害&発達障害?!25社以上転職しまくりダメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(6)

1 / 3 ページ

(6)旅行会社で頑張ったが、クビになりました!

こんにちは、
池袋で小さなひとり整体院をオープンして
6年目の 竹本淳一です。


ある時、小規模な旅行会社に
何とか入ることが出来ました。


さて、私がやってみたのが
その会社では全くやっていなかった
飛び込み営業。
(面接のときもそれをアピール)
(社長や上司も認めてくれました)

驚いた事に、この会社は近隣の営業廻りを
全くやっていませんでした。

そこで、私は、訪問販売の経験と
水商売で養われたガッツと熱意と

当時、竹田陽一氏のランチェスター経営
弱者の戦略の接近戦、多数回訪問を
学んでいた最中だったので、
それを実践してみました。

まずは会社の近場 半径500メートルから!
とっつきやすい出張パックのチラシを持って
こんちは~!と訪問し、挨拶をして
チラシを手渡す。

反応が良ければ、
格安航空券や慰安旅行やらの
お話をふってみる。


「旅行会社さんが飛び込み営業なんて
 初めてだわ~」
「暑いね、お茶でもどうぞ!」
「営業さん、頑張ってね、ほらこれ缶ジュース!」

太陽熱温水器や浄水器や施工業のときとは
異なり、かなり暖かな応対をいただけました。
今でも感謝しております。

そこで、名刺を頂いた方に
手書き絵葉書を送り、
新しい資料を作って再訪問。

面白いほどに、準見込み客が出来ました。

この集落では、他の旅行会社は
あまりそんな飛び込み訪問営業を
やってなかった!
いわゆるブルーオーシャンだったのです!


少額ですが、格安航空券や、出張ホテルパックの
注文がポツポツと入るようになりました。
 

そして、会社近くのお役所、水道局、
消防、警察、役所の出先機関・官庁
第3セクターなども廻って
慰安旅行を狙っていきました。


ついに慰安旅行が決まりました。
教職員組合の皆様の旅行です!


上司や同僚にサポートされて
そして、アドバイスを受けて
私が添乗員となり、
1泊2日の温泉旅行に出発!


自分では精一杯、頑張った(つもり?)
でした。


さて、ここからです。旅行が終わり
報告を済ませると
渋い顔をした上司に呼び出されました。


上司は静かに切り出しました。
「竹本さん、これ・・・」

お客様のアンケートでした。

みんなの読んで良かった!