視覚障害&発達障害?!25社会以上転職しまくりタメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(9)水商売編-3

た~け~も~と~~!


どうして、ちゃんと
店にあがって休憩を取らなかった!


しばきじゃ!!

サトさんは、ボール紙で作った
ハリセンで、私の頭を
思いっきりどついてきました。

パーン!大きな音はしましたが
全然痛くありません。


タケさん、良く聞いてくださいね。

どんなお仕事でも、人間の集中力は
1時間、よくて2時間までです。

私は言ったはずです。
必ず、1時間か2時間に1回、お店まで戻って
休憩を取りなさいと!

それなのに、タケさんは
戻ったのは最初の2回だけ。

一生懸命なのはわかりますが
そんな疲れた顔つきのボーイに
お客さんは絶対についてきませんよ!!


疲れる前にしっかり休む!
休むのも仕事のうち!


さ、これからミーティングがあります。
ただ、まだタケさんは、試用期間中なので
発言権無し、皆に紹介もしません。
一番後ろで聞いていてください。


ミーティング後、サトさんは私を
道頓堀川沿いの
金竜ラーメンに連れて行ってくれ
おごってくれました。


ご飯とキムチが食べ放題。
腹いっぱい食べたのは久々でした。

サト
「ウチのお店、うちのグループは男性従業員を
 採用するとき2回面接があるんです。
 結構、落とされます。」

サト
「『働かせてください!』といきなり頼み込む
 タケさんのそのハングリーさに、ビビッと来た
 のですよ。」

サト
「なに!多数の転職歴がある?
 なら、それを生かしましょうよ!
 お客様の職業に合わせた、勧誘トークを
 やってみたら、どうですか?」


朝からやっている格安銭湯 ももの湯を
教えてくれました。
一風呂浴びて着替える。
大きなデパートの待合のイスで仮眠。

さあ!2日目行くぞ!

著者の竹本 淳一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。