念願だった野球部も素直に楽しめない日々

1 / 2 ページ

前話: 生存率3%、兄が白血病に
次話: パパ、バイバイ

アフィリエイター専業で5年以上!

I.T.土方解放サポーターの、

中城 子龍(ナカジョウ シリュウ)です。

今回は、野球が大好きだった時のお話。

家庭では自分の感情を出さない。

気に入らない奴とは常にケンカ。

そんな小学生時代を、

過ごしていましたが、

一人だけ仲良くしていた

友人が居ました。

彼は、野球が大好きで、

小学生の低学年から、

野球クラブに入っていたのです。

(とても上手でした)

そして、彼が大好きだったもの。

それが、

「実況!パワフルプロ野球」

という2頭身のキャラクターを操作して、

野球ができるゲーム。

このゲームには、

「選手自体を育成できるサクセス」

「その選手を使って対戦できるペナントレース」

があります。

彼にそのゲームを紹介され、

初めてやるゲームなのに対戦をして、

ボコボコに負けます。

「絶対に勝てるようになってやる!」

と持ち前の負けず嫌いに火がついて、

私は、どハマり!

☆サクセスモードで選手を作る日々

どハマりした私は、

毎日のように選手を作ります。

初めのうちは、友人と、

「どれだけ凄い選手を作れるか」

を競っていました。

専門用語で言うと、

「いかにオールA選手を作れるか」

「どれだけ凄いスキルを持たせれたか」

を競う日々。

☆遂にはペナントレースも完走

そして、友人と始めたのが、

作った選手を操作して対戦する。

「ペナントレース」

当時、1年間の野球の試合数は、

135試合程度だったかと思います。

それをゲームで対戦していきます。

時間に換算すると、

「1試合 = 1時間」

ということは、全部対戦すると、

「135時間以上」

の膨大な時間。

しかも、これを1年間だけじゃありません。

何年間も135試合以上のペナントレースを、

すべて完走していましたw

これまで、実況!パワフルプロ野球をやってる。

と言っている人に何人も会いましたが、

ほとんどの人は、

「サクセスで選手を作って満足」

「ペナントレースをCPUに

自動でやらせて終わり」

という人ばかり。

誰も実際に選手を動かして、

ペナントを完走した!という人に

会ったことがありません。

なので、私たちは、

実況!パワフルプロ野球の

対戦がプロレベル。

(プロなんてないけどw)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。