貧乏人が金を持つとロクなことがない

1 / 8 ページ

前編: 2ヶ月で辞めて悔し泣き
後編: 何となくで生きる人生

アフィリエイター専業で5年以上!

I.T.土方解放サポーターの、

中城 子龍(ナカジョウ シリュウ)です。

今日のお話は、高校1年から続いた悪夢。

たった2ヶ月で野球部を退部し、

アルバイトをするように。

しかし、

それまではお小遣いが0円。

何かを買いたければ、

昼食代の500円を我慢して、

貯めないといけません。

そんな状況から一変、

いきなり毎月5万円も

アルバイト代を稼げるように。

そうなると、

気持ちが大きくなって、

使い方も荒くなります。

(というか使い方を知らない)

☆今後、8年間苦しむ娯楽

高校1年の寒い冬。

コタツに入りながら、

仲良くしていた友人に電話。

トゥルルルルル

友人:「はい〜」

私:

「あのさ〜、

今度パチンコ行けへん?」

ん?!

なんだこの会話。

これまで、

母親がパチンコ依存症で辛かったはず。

実は、何も知らなかった。

(今だからこそ知っている)

みんなの読んで良かった!