社会人2年目で詐欺商材を購入

1 / 2 ページ

前編: 何となくで生きる人生
後編: 入社5年目、手取り16万円、貯金0

アフィリエイター専業で5年以上!

I.T.土方解放サポーターの、

中城 子龍(ナカジョウ シリュウ)です。

何となくで学生生活を過ごし、

何となくでI.T.業界へと就職。

☆1年目から地獄の日々

プログラミングに大嫌いな私。

正直、この業界でやっていく

自信がまったくなかった。

そんな状態で、

出向先として選ばれたのが、

「携帯電話(ド◯モ)のテスター」

プログラマーが開発したものが、

本当にちゃんと動くかどうかを、

テストしていく作業。

これが、とんでもない数で、

エクセルで何百ページ。

何千項目にもビッシリと書かれている。

当時は、合計10名程度で、

分けてテストしていましたが、

それでも追いつかない状態。

(2人くらい常に寝ている奴が居たが)

初日から、

朝9時から夜10時まで、

テスト作業なんて当たり前。

しかも、携帯電話の発売サイクルは、

「6ヶ月に1度」

と開発者をコ◯ス気満々。

テスターの私たちは、

まだマシだった。

しかし、

プログラマー、

システムエンジニア、

ともなると徹夜は当たり前。

だって、

携帯電話の発売サイクルが早すぎて、

掛け持ちしているんですから・・・。

ド◯モから見れば、

私たちは、奴隷としか

思っていなかったことでしょう。

☆ストレスと電磁波でアトピー再発

中学生の頃から、

不摂生と家庭のストレスで、

アトピー性皮膚炎を両腕に発症。

しかし、高校、専門学校では、

いつの間にか治っていたが、

就職してからすぐに再発。

携帯電話を開発する

プロジェクトなので、

電磁波を強制的に発生させる

装置が普通に置かれている状態。

しかも、

「私の席の隣に」

この装置の隣に居ると、

頭が痛くなって、

気分が悪くなることもあるので、

きっとコレも原因だったことでしょう。

この頃から両腕だけでなく、

首、両足、目といった部分にも、

発症してしまい相当辛かったのを

覚えています。

「痒くて仕事に集中できない」

「でも、数が多いからこなさないとダメ」

「夜は痒くて眠れない」

そんな状態が続きます。

(ちなみに、今では、

なぜアトピーが出てしまうのか。

どうすれば抑えることができるのか。

を知っているので大丈夫)

☆2年目になって開発側に

集中はできないんですが、

要領の良さが功を奏して(?)、

2年目から異例の開発者へ抜擢。

プログラミングが大嫌いな私が、

遂に開発者として活動を始めます。

当然、うまいことできるわけがない。

だって、大嫌いなんだもの。

しかも、周りは徹夜が当たり前。

新人の私が、

頑張っている先輩方を置いて、

「おさきっす〜」

なんて言って帰るわけにもいかず。

毎日終電間際まで仕事。

それでも、

プログラミングがうまくできない。

「なぜ、できないんだ?」

「俺は、無能なのか?」

とお昼ご飯を食べている時に、

一人隅っこで泣いて

しまったこともある。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。