入社5年目、手取り16万円、貯金0

1 / 2 ページ

前編: 社会人2年目で詐欺商材を購入
後編: 36歳、手取り20万、子供2人

アフィリエイター専業で5年以上!

I.T.土方解放サポーターの、

中城 子龍(ナカジョウ シリュウ)です。

プログラマーとしてデビュー以来、

必殺技を編み出した私は、

何とかこなせるようになります。

☆プログラミングなんてコピーで十分

プログラミングを始めた当初は、

「ポインターって何やねん。

アドレス?住所か?

意味わからん。」

「1bit右にシフト?

シフトしてどないすんねん。

意味わからん。」

という状態だったが、

激務をこなしていくと、

法則があることを閃く。

それで編み出したのが、

「すでにあるプログラムから、

似たような部分をコピペ。

あとは良い感じに修正する。」

という必殺技。

私が入社した時期は、

I.T.業界が成熟した状態。

すでに先陣を切ってくれた、

天才の諸先輩方が、

プログラムを作ってくれていたのだ。

だから、

「新しいコレを作って!」

という仕事は少なく、

大体は、

「ここの仕様を変更して」

といったものが多かった。

また、

「こういった仕様を加えて」

と依頼されても、

天才たちが作ってくれた

プログラムがたくさん。

もし、I.T.業界の始まりだったら、

私は、生き残れなかったかもしれないw

☆入社5年で手取りは16万

そんなこんなで、

プログラミングを

難なくこなせるようになった。

とにかく記憶力が半端なく良い。

(映像で覚えている)

何百ページにも渡る

仕様書を覚えたことで、

後輩から、

「これってどういうことでしたっけ?」

と質問された歳、

「それはね〜。

◯◯仕様書の◯ページ目の

下の方に書いてるよ。」

とサラッと答えたりもした。

まるで、

「歩く仕様書」

状態w

お客さんとの交渉などもうまくこなし、

評判も良く、会社からの評価も良かった。

新しいプロジェクトが始まれば、

「また、中城さんを呼んで欲しい」

と会社へオファーが来るほど。

でも、給料は一向に上がらない。

「毎年2000円上がれば良いレベル」

逆に、

「出向手当10000円を削除」

という美味しい手当てを

全社員から排除され、

マイナスになる始末。

毎月届く給料明細を見ると、

「手取り16万円」

(残業時間0の場合)

の文字。

評価が低い同僚になると、

もっと給料が安い。

彼は、

「給料明細が届いても、

見ずにゴミ箱へ捨ててる」

と言っていたw

さらに、不景気を理由に、

「年4ヶ月分のボーナス」

「年2ヶ月分のボーナス」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。