介護を現実のものとして考えていく 【その三・セカンドオピニオン】

1 / 3 ページ

前編: 介護を現実のものとして考えていく 【そのニ・ウィルソン病?】
後編: 介護を現実のものとして考えていく 【その四・担当医面談】

綿密な検査が行われ、結果が親族の元に知らされることとなった。


病院内の一室に義母と長女の夫である私が招き入れられた。


担当医の見解では義父がウィルソン病である可能性は「NO」という結論に達したとのこと。


現在の症状や血液検査の数値からはウィルソン病の疑いも考えられるが、尿検査ではこれに該当しないという。


では稀有な病ではないとすると何が考えられるのか?


担当医の話は続く。


まずは現在抱えている3つの症状【不随意運動・認知症・肝硬変】


それぞれについて、ここまでどんな処置や対応をしてきたかについて触れられた。



【不随意運動】

本人の意志とは関係なく手足が動いてしまうが、この症状に関しては良好・改善の兆しが見られるという。


他の病院で処方されていた新しい薬の可能性を検討し、この薬の処方を取りやめていたという。


ただ普通の人に比べて肝機能が弱いため、どうしても消化するのに時間がかかる。


そのため不随意運動が長引いたということらしい。


【認知症】

レビー小体型認知症という定義付けがされていた。


アルツハイマーとは異なりレビー小体という特殊なタンパク質が神経伝達を妨げ破壊していく症状で、パーキンソン病と似通った症状が出るという。


手足の震えや筋肉の硬直などがそれに当たる。


これについても担当医は薬の見直しをしたという。


パーキンソン病の患者に適用されるメネシットという薬が処方されていたのだが、こちらを減薬し最終的には投与をやめる方向だという。


このような判断をした理由に、認知症の診断テスト結果があげられた。


認知症のテストというのは健常者であればうっかりミスをすることはあったとしても、ごくごく簡単な内容である。


最初に数種類の絵と数字を見せる。その後、計算や、時刻の読み方、展開図など適性検査のごく初歩的なものが数題出題されていき、最後の設問で最初に見せられた絵や数字を覚えているかという内容で帰結する。


みんなの読んで良かった!