HAYATONY物語10

1 / 4 ページ

前編: HAYATONY物語9
後編: HAYATONY物語11

晴れて東京で東放学園の音響技術課に入学し、アパートも徒歩で行ける京王線の代田橋駅に

2K風呂なし物件を借りて僕の初めての一人暮らし生活が東京でスタートした。

私立大学並みの入学金、学費、アパート代は両親に出してもらったが生活費はバイトで

働き稼ぐ事が親からの条件だった。

まずは東京での生活費を稼ぐためにバイトを探した。そして将来ミュージシャンとしてデビュー出来るように考え音楽関係のバイトを探した。

その当時、学生援護会から発行されているアルバイトニュースと言う

バイト探しの求人広告誌があり、そこの中から新規オープン六本木に平尾昌晃プロディ―ス。

ミュージックライブパブ「スパッツ」DJ,ミキサー照明及びホールスタッフ募集との広告が目に留まり面接に行った。

面接は無事合格しオープニングメンバーとして東京で初めてのバイトが「スパッツ」で始まった。

このお店のメンバーは芸能界を目指す若いスタッフが多く応募200名以上の中からイケメン20名が選ばれた(ちょっとした自慢みたいで申し訳ない笑)。

スパッツは六本木の夜の世界を牛耳るNOVA21グループ傘下のお店だった。

オープン初日には平尾昌晃から1万円のTIPがスタッフ全員に配られた。

とても紳士でカッコ良かった。

平尾昌晃と言えばあの有名な楽曲に畑中洋子とのデュェットソング「カナダからの手紙」が大ヒットした大物音楽プロディ―サーでもある。

平尾昌晃プロデュースと言う事もありマスコミからオープン前にたくさん取材を受け

オープン初日から若い女性客が芸能人の卵のスタッフや新人アーティストライブを目当てに毎日盛況だった。

ジャニーズ事務所からスカウトされて芸能界に入りアイドルを目指した者や、役者志望の卵もたくさんいた。

本当にイケメン揃いのみんな芸能界を目指しているスタッフばかりだった。みんな大きな夢を持って東京に全国から人が集まってきているのだと僕も刺激をたくさん受けた

毎晩の様に今まではTVの画面でしか見たことがない芸能人も連日来店されていた。

夜空の美しい静かな夜しか知らない田舎の少年は東京に来てから夜がこんなに騒々しくキラキラしている場所がある事に驚き人生が衝撃の連続であった。

僕がその当時、仲良くしていた新人アーティストの中には中村あゆみちゃんもいた。

あの「翼の折れたエンジェル」で大ブレークした中村あゆみだ。

みんなの読んで良かった!