戸隠神社での神秘体験・・・2

前編: 戸隠神社での神秘体験
後編: 木や植物と会話をする

心の中でそう天に尋ねると、「確かにいました。」と答えが返ってきました。


「あそこで速やかに引き返していったのは、正解です。


そっとしておいてあげる事は、人としての努めの一つなのです。」とも聴こえてきました。




私は、もう一度、熊の気配のした場所に意識を集中してみました。




緑と鳥と虫と熊やその他の小動物達の存在を感じていました。


私自身が、その場所と一体になる感覚がありました。


すると、とてつもない愛が溢れてきて、愛しさが込み上げてきました。


その瞬間です。


突然、物凄い轟音が響き渡りました。




私は一体何事が起きたのか分かりませんでした。




ふと顏を上げてみると、重なり合う木の枝達が、ゆさゆさと激しく風で揺れていました。


今まで静寂で静まり返っていたのが嘘のようでした。




次の瞬間、目の前の静かだった空間に、落ち葉がざざざざ~~~~!!!


っと大量に降り注ぎました。




まるで何かの映画のワンシーンを観ているようでした。


それは、とても美しい光景でした。




はっとしてその美しいワンシーンに見とれていると、


轟音と風は嘘のように止み、また先ほどの静寂が戻って来ました。





私は感動で、自然に対する畏敬の念が込み上げて来ました。




するとまた次の瞬間、ぽつっと雨の滴が落ちてきました。


傘をさすほどでは全くなかったのですが、少しですが、ぽつぽつと雨の滴を少しの間感じていました。




自然界のうれし涙の様にも感じてしまいました。


やっと来てくれたね、という声を感じた様な気がして、私も嬉しくて、じんと来てしまいました。




鳥居を出て、バス停に着くと、バスが出たばかりで、あと一時間後まで来ないので、


すぐ上にある、カフェでお茶をして待つことにしました。


名残惜しかったのもあったので、丁度良かった、と思いました。




私が一人きりでコーヒーを飲んでいるカフェに、下山中すれ違い、あれこれ言葉を交わしたファミリーが、入ってきました。


参拝中口をきいたのは、このファミリーだけだったので、


ご縁がありますね、と互いに言いながら暫く過ごさせて頂きました。


翌日は善光寺と北斎画を観てから、今回の長野の旅を終えました。

今回の長野の旅は、非常に深くて濃い旅となりました。


今年は、あちこち、まだ行った事のない場所へも旅をするつもりです。

日本国内で、まだ行った事のない場所が沢山あります。

日本全国津々浦々の旅☆彡

楽しんでみようと思っています^^


全てに感謝して。

続きのストーリーはこちら!

木や植物と会話をする

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。