HAYATONY物語12

1 / 2 ページ

前編: HAYATONY物語11
後編: HAYATONY物語13

HAYATONY物語12

上京して半年を過ぎたころには僕はすっかり東京色に染まっていた。

言葉も三重の関西弁と東京便が混じりだし人と話すには何となくおかしくなり標準語で話すようになった。

学校の授業にはついて行けずほとんど学校にはさぼり行かなくなっていた。

東京に来て学校やスタジオ、ライブハウスバイトをやってみて僕が本当にやりたい仕事はやはり音楽であったと再認識した。

何曲も自分自身で作詞作曲したがバンドを組んでプロになるにはなかなか本気のメンバーが集まらない。

夢を抱いて上京した18歳の少年に東京でのデビューに向けて挫折感が広がり始めた。

その時にバンドではなくソロでやれば良かったがギターしか楽器が弾けないとどうしても音楽的にはアコギでの弾き語りになりデモテープみたいな物しか作れなかった。

この当時にDTM(デスクトップミュージック略)「打ち込み」と言われるコンピューターで音源をミックスしできる技術が普及し始めていた。

DTMはキーボードとコンピューターの音楽ソフトを使いいろんな音源をキーボード一つで作り出せる作曲家にとっては画期的なソフトだった。

DTMで音楽を作るにはバンドメンバーは基本必要がない。

ただし多少なりともキーボード演奏が出来ないと使えない代物だ。

ソフトではロジックやプロツールスなどが一般的には有名なソフトだ

しかし僕はキーボードやピアノが弾けない。

この時にキーボードの練習さえすればバンドメンバーがいなくてもかなりのいいクオリティーのデモテープが出来たであろう。

いよいよ東京で音楽家になる夢も色あせて来た時に電話が鳴った。

その電話は父からだった。

実は3月になり学校の先生から僕の進級するのか否かのについて連絡が実家にあったのだった。

その時に先生から僕が学校に来てない事も両親に報告された事は言うまでもない。

学校に行ってない事がその時点で両親に知らされそのことで父が電話をかけて来たのである。

僕は完全に困った。

今まで両親にはウソをついていたからだ。

みんなの読んで良かった!