【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

1 / 2 ページ

前編: 【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。
後編: 【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

2016年2月

僕は就職活動と、コンサル会社のアルバイトで多忙を極めていた。


元々院への進学を考えており就職活動に進路変更した時点ことで、忙しいイベントが重なっていた(さらにゼミ論文締め切りや期末テスト、家族旅行などが降り掛かってきた)。


そして大手コンサル会社を中心に行っていた就職活動を通して、自分が持っていたコンサルタントのイメージが崩れてきていたのを感じていた。

特に

・生産性が高いから高給→ハードワークだから高給

ハードワークだから高給なのは当たり前なのだ。問題は時間給換算した時にアルバイト並の時給だった時で、僕はこういった会社に入ったら後悔するだろうと感じた。


・働き方:チーム主義→個人主義

コンサルは個人単位で働くことが多い。当時は個人単位で働くならば、組織に属する意味を見いだせなかった。


・生き方:太く長く生きる < 早死してもいいから、無理してでも太く生きる

僕は、太く長く生きたかった。どんなに太くても早死は勘弁だ。

という3点は志望度を大きく下げた(もちろん全てのコンサル会社がそうだといっている訳ではない)。


またコンサルのアルバイトを通じて、実務経験が乏しいがための無力感を感じていた。

働いたこともない自分が他の会社に対して経営指南なんてできるのか?ってね。


就職活動は誰でもストレスが貯まるものである。



段々と心が荒んでいく中で、無意識に僕の会社選びの基準は「年収」と「福利厚生」に変わっていった。元々コンサル会社ばかり見ていたこともあり、求める基準も高かったため普通の会社では満足できなくなっていた。


そんな心境で就職活動を続けていた時、採用イベントでとあるベンチャーのプレゼンを見た。そこには「3年で年収一千万円」の文字が踊っていた。

結局、その”とあるベンチャー”とは雰囲気が合わず、別れることになるのだが、このプレゼンを見て、僕はコンサル志望の学生からベンチャー志望の学生となった。一千万円だけに現金なものである。


理由としては、

・会社の急成長に乗ればコンサルよりも効率よく稼げる

急成長するってことは生産性が高いってことだ。さらにベンチャーなら上のポストもガラ空きだと考えるのが自然だよね。

・コンサル会社や大会社よりも幅広い実務経験を積むことで自己成長が期待でき、長期的な利益は大きくなる

コンサルは専門性やプロフェッショナル性が重視される。ベンチャーには専門性とともに会社の数字や雑務にも携わなければならない環境がある。どちらがいいかは人によると思う。

・コンサルよりベンチャーの方が社長になりやすい

ベンチャーという選択肢は僕に大きな衝撃を与えた。その衝撃は、コンサル出身者として他社の経営陣になるより、急成長の波にのって分社化・子会社化された組織の経営に携わる方が可能性が高いと判断するに十分だった。

といった3点が大きい。


様々なベンチャーを見る中で、多様な経営者の方と話す機会が持てたのは幸運だったと思う。人材や環境・社会貢献を主とする会社などとも接点を持ち、その理想やビジョンの志の高さに感銘を受けたりした。


また、ベンチャーは説明会や選考を通して個人個人をしっかりと見てくれることが多く、これは自分をしっかりと見つめ直すきっかけになった。


その結果、入り口はお金だったはずだが、いつの間にかどうでもよくなり、会社選びの基準が「年収」と「福利厚生」から「楽しく働けること」や「やりがいのある仕事」「自分の人生を賭けられるほどの会社・環境・人であること」へと変わっていった。

みんなの読んで良かった!