海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#4

前編: 海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#3
後編: 海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#5

Hello there!


PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。

 

さて、会話を毎日し始めて2週間くらい経った頃、お互いに興味深々で話が合うことがわかってきたので、会って話してみたいね、となり自分がある相談を持ち掛けてみました。

 

ロンドンに会いに行く!

 

妻の誕生日が10月というのを聞いて、この話を切り出したんです。

 

お誕生日を祝わせてください、とお願いしてみました。

 

妻はその時、生まれた町のリーズ(Leeds)で働いていたのですが、快諾してくれてその時に合わせて休暇を取り、ロンドンに来てくれることになりました。

 

 

ついにロンドンに行く時が来ました!

 

自分は旅行が好きで、フランス語圏の国やオランダ、アイルランドは行ったことがあったんですが、イギリス、しかもロンドンだけは特別な思い入れが(それまで行ったことがないのに)あって、

 

初めてのロンドンは大好きな人、結婚するべき人と一緒にじゃないと絶対に訪れない。たとえ飛行機の乗り継ぎであっても、絶対避けなければいけない!

 

と決めていました。

※なぜこんなに頑なだったかはわかりませんが

 

ちなみに、イギリス初上陸はロンドンではなく、イギリス南部のニューヘイブン(Newhaven)という港町です。

 

しかも、飛行機ではなくフェリーで上陸。

 

フランスのディエップ(Dieppe)という町から、ニューヘイブン(Newhaven)行きのフェリーが出ていて、3時間くらいかかるのですが敢えて乗ってみました。

 

フェリーの中にはユーロ⇔ポンドの自動両替機があったり、ちゃんと港でフランス⇔イギリス間の出入国審査もあります。

 

イギリス初上陸が飛行機でも電車(ユーロスターとか)でもなく船って、なかなか普通の(日本)人はしないから面白んじゃない?という理由です。

 

ここでも、人と違う性格をフルに発揮しています。

 



・・・余談はさておき。

 

 

ロンドンに一緒に行きたいと思うくらい話が合うし、メッセージの返信タイミングや返信内容が自分にぴったり(これ、大事だと思います)だったのできっとこの人と一緒になるんだろうという予感がしたんですが、後日談で、実は妻もSkypeで最初に話した時、「あ、私この人と結婚する!」と感じたそうです*^^*

 

運命の出会いというのは、こういうのを言うんでしょうね。

 

 

早速、航空券を予約しました。

 

乗ったのは、今はもう就航していないヴァージン・アトランティック航空(VS)です。

※なぜヴァージン・アトランティック航空は日本から撤退してしまったのか?を、もう一つのブログで解説しています。よろしければどうぞ

なぜヴァージンアトランティック航空(VS)は日本から撤退してしまったのか?

既にワクワクしていましたが、初めて会うときは、いい印象を持ってもらうことが大切です。

 

しかも誕生日をお祝いする、とこちらから提案しているわけですから、手ぶらで行くわけにはいきません。

 

 

さて、妻の誕生日を祝うために、PARはどんなことをしたんでしょうか?

 

 

続きはまた次回!


続きのストーリーはこちら!

海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#5

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。