結婚で1番大切なことは何か?イギリスでイタリア人の主人と話し合ったこと

1 / 4 ページ



英国登記所 (GRO: General Register Office)にて入籍


イギリスで結婚。20日後に急にロンドンで入籍することになった話!

先月末、イギリスでイタリア人の彼と入籍した手続きや準備、国際結婚で1番大切なことは何か?について話し合ったことについて書きます。


専門家には頼らず自分たちで手続きした!


イギリスの結婚の手続きやビザの申請など、専門家に依頼される方も多いのですが私たちは自分たちで手続きをすることにしました。


ちょうど、今年はEU離脱も決まったので専門家の人も今後のことはわからないような状態だったので、自分たちで順を追って手続きをしようということに。


また、主人がイタリア人でイギリス人ではないので、イギリスで入籍するにあたってイギリスの大使館に電話しても具体的なアドバイスをいただけませんでした。


頼もしい国際結婚先輩の友人のアドバイスもあり、とても恵まれていました。


彼女は、フランス人男性と結婚され可愛いお人形さんのようなハーフのお子様が2人いらっしゃるのですが、フランスの人男性もイタリア人男性もEUビザというカテゴリーになるので手続きに関して近いものがありました。


実は、イギリス人男性との入籍は手続きが大変難しいと言われていて、フランス人やイタリア人男性との結婚の方が手続きがシンプルなのです。


イギリス人男性との入籍の場合、男性の収入が一定のボーダーラインに達成していなければ手続きできないような話を聞きました。


イギリスでは、偽装結婚ではないかの審査がある!



結婚の日が突然決まりましたが、手続き自体は8月くらいから少しずつ準備していました。


イギリスでの入籍は、日本のように入籍日を決めることができず、手続きにもかなり時間がかかります。


イギリスでは、この2人が結婚して良いのか?偽装結婚の疑いがないのか?という審査が1ヶ月〜2ヶ月くらいあります。


わたしと主人も、レジスターオフィスで審査を受けました。


レジスターオフィスとは何!?と思いますよね。


英国登記所 (GRO: General Register Office)です。


登記役場と言えばわかりやすいでしょうか?


日本でいう市役所や区役所みたいな感じです。


みんなの読んで良かった!