フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 27話

1 / 5 ページ

前編: フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 26話
後編: フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第28話

正義と偽り

《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ

あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が、カナというホステスと共に失踪したと聞き大きなショックを受ける。やけ酒を飲んで帰宅したアパートの前に、別れた元恋人の拓也がたっていた。拓也は以前、振られた腹いせに桃子が売春しているという噂を流したと告白し、「またやり直したい」と言う。悲しみと怒りでふさぎこんでいるところへ、また思いもよらぬ訪問者が現れるのだった。



私は、慌ててドアの小さな穴を覗いてみた。


驚いたことに、そこに見えたのは紛れもなく


私の母親だった。



ドアを開けた時の母の顔が忘れられない。



彼女は瞳孔を大きく開き、口を半開きにして立ちすくんでいた。



一瞬だったか、それとも何秒かだったのかは


分からないけど



すごく長く感じたのを昨日のことのように覚えている。



「あんた…なに、その格好…」


心なしか声もかすれている。


派手なキャミソールがはだけ、髪はボサボサ、顔は泣き腫らしてグチャグチャ

模範的な学生であるはずの娘のこんなだらしのない姿を見れば


どんな母親だってこうなるだろう。




「お母さん、どうしたの。連絡もしないで急に来るなんて」




「昔からの知人が昨日の晩亡くなったのよ。

今日朝から告別式があって、その帰りに寄ってみたの。

だってあんた、昨日からいくらかけても電話でないんだもの」



しまった。昨日、充電切れたままだった。




とにかく狭いアパートのキッチンで私は母と向き合って座った。



私の入れたコーヒーを一口飲んだ母は、改めて私を眺め言った。




「説明してちょうだい、なんですか、その格好は」



「あ、これは…」



私は、思わず胸の大きく開いた襟ぐりを上に引っ張りながら言った。




「まさかとは思うけど、変なバイトでもしてるんじゃないでしょうね?」



「ちっ違うよ。これはね、あの。か…仮装なの。そう、仮装!昨晩ね、仮装パーティーが


あってね。どうしてもって言われて参加したの…っ」



「桃子」



私は母の顔を見た。




完全に疑惑の目を向けられている。



「本当に?」



「ゴメン…本当は友達が風邪で出られないっていうんで、バイト頼まれちゃって。

   でも、昨日の晩だけって約束だから」




それは嘘を塗り替えただけだった。


自己防衛となると咄嗟に色んな嘘が出るものだと自分でも驚いていた。




母は黙って私の目を見つめながら、そう…とだけ言った。



私は、また見透かされそうだったので

彼女の背を向けて流しで、洗い物を始めた。



「学校へはちゃんと行ってるのよね」



不意に母が言い、私の手が止まった。


排水口に流れていく水の音だけが部屋の沈黙を乱していた。



私は顔だけ母の方に向けて笑顔で言った。




「もちろん」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。