友達が自殺未遂しました、たかが婚活で。~エピローグ 完結編~

1 / 12 ページ

前編: 友達が自殺未遂しました、たかが婚活で。〜後編〜
後編: 間違いだらけの婚活 〜 オトコとオンナの無意味すぎる1時間半〜

最終回《ここまでのあらすじ》

奈々子はシングルマザーの母に代わって、年の離れた小さな兄弟たちに世話をしてきた心の優しい性格の女性。若い頃よりずっと結婚願望があったが忙しさもあって縁がなかった。

30歳をすぎて焦り始めた奈々子は、ド派手女社長のいる結婚相談所に入会する。しかし自分の条件検索で申し込んだ相手とは全くお見合いが組めず、結局条件外の男性とばかりお見合いを勧めてくるカウンセラーに桃子は不信感を抱くように。次第に自信喪失、そして焦りとストレスで鬱になる奈々子、性格もすっかり刺々しくなってしまった。

そんな中で、とある婚活サイトを偶然見つけた奈々子は、さして期待もしていなかったが、《心と心のマッチング》という人間の心のつながりを重視した出会いシステムに共感し登録する。そして、サイト上で、とある男性と出会うが、これまでの男性とは違い自然体でメールのやり取りができ、奈々子の心は、わずかに癒されていくのだった。

そして、ついに結婚相談所の2回目の更新で、またなけなしのお金を支払う際に、ついに奈々子は不満が爆発してしまう。その時、奈々子は34歳目前だった。







そこそこ知名度もある結婚相談所に高い料金を払って入会したのに

なぜ奈々子は成婚どころか交際すらできないのだろう…

ここまで読んで頂いてる皆さんも同じ?マークが浮かんでいることでしょう。


結婚相談所の成婚率はそれぞれ格差もあるにしても

ある調査では10パーセント以下と言われています。

会員10人のうちたった1人です。


またこの中の8割以上は入会して2年以上経過した会員です。



私の経験上、付け加えるのなら


この成婚率はあくまで成婚退会した数であって

中には、プロポーズはあっても入籍していないカップルが多くいます。

つまり成婚退会した後、結婚をに至らなかったカップルもいるということです。


そう考えると、奈々子がなかなか縁をつかめないのも無理ないのです。


確かに、初めて奈々子を一目見た時

目を惹くほどの美人とは思いませんでした。

逆に地味で表情に乏しく大人しい女性という印象でした。


でも、彼女と次第と打ち解けていくうちに

彼女の無垢さ優しさは女性として

見習うべきものだと思いました。


プロフィールと写真のみでは

彼女の良さが伝わりにくいのでしょう。



みんなの読んで良かった!