私は今も怖い夢を見るけど

私は睡眠障害があって、時々怖い夢を見て夜中に飛び起きてしまう。精神科の先生は

「怖い夢を見ないようにしようって思いすぎるのではなくて、怖い夢を見なかった日に、見なかったことを喜べるといいですね」

と言ってくれた。


こんな悩みは人に軽々しく話せることじゃないし、一緒に夜おそくまで過ごすような友達もいなかったので、誰にも打ち明ける機会はなかった。

こんな私にも、とても信頼できる人が現れて、「実は結構頻繁に悪い夢を見てしまうんだ」って打ち明けたことがある。


悪い夢ぐらい見たっていいんじゃないの?だっていつもホラー映画とか心霊ビデオとかしょっちゅう見ているんだし、タダで怖い映画とか見れるんだと思えばいいんじゃないの?


そう、私は中学生のときから怖い話の研究を続けていて、実際フリーライターとしての活動に怖い話の研究が生きてくることもある。友人は怖い話は苦手だけど、私が興味ありそうなテレビ番組に気づいたらわざわざチャンネルを合わせてくれるような思い遣りのある人だ。


私の心が弱いからいつまでも怖い夢を見るんだと思っていた。そんな自分をだめだろうって責めていた。


私は今も怖い夢を見るけれど、それはそれでいいんじゃないって思う。もう自分を責めなくてよくなったのだ。

変わるためのヒントを与えてくれた友人に、私はきっと一生感謝し続けるだろう。


みんなの読んで良かった!