11月の2話 パリでまずピンチ

前編: 11月の1話 日本出発は快晴!
後編: 11月の3話 先生のお迎え

 生まれて始めてフランスに来たのは1年前だった。そのときは、空港の造りもよく分からず、フランス語の標識もよく分からない中で、記号だけを頼りに目的のターミナルを探した。(東京の地下鉄に、数字表記が付してあるのが、外国の人のためだと言うが本当だ。言葉が分からないと、頼りになるのは、記号や絵しかない。)

 しかし今回は空港の地図、使用するターミナルの場所も頭に入っている。だから大きなトラブルは無いはずだと思っていた。しかし、それで準備を怠ってしまい、しょっぱなから2つのピンチに遭遇した。状況を詳しく書けば次のようになる。

 第1のピンチ。

 到着が夜なので、その日はパリに宿泊する予定だったが、予約したホテルのシャトルバスの停留所をうっかり調べてこなかった。日本ならインフォメーションの人に聞けばほぼ必ず分かりそうだが、フランスではそうはいかないこともある。案の定、すぐには分からず、夜中なので時間の心配をしながら、通りがかりの日本人の女性に聞き、インフォメーションのお姉さんに聞き、これかと思しきバスの運転手さんに、ホテルの予約の紙を見せながら確認してやっと目的のバスを見つけた。

 第2のピンチ。

 次の朝。時差のおかげで早起きが難しくなかったこと、もしもに備えて早くターミナルへ着いておきたかったことから、通常より2時間程も時間に余裕をみてホテルをチェックアウトした。そして空港へ向かうシャトルバスを待とうかなと思ったら、既にめちゃめちゃ人が並んでいたのだ。たまたま目に留まった宿泊客と思しき一人のビジネスマンは、この行列を見て、タクシーに切り替えていた。それくらい、人と、彼らの荷物がいっぱいだった。ああ、私もそうしようかとちょっとだけ思ったが、タクシーが安全とも限らないし、フランス語も分からないし、英語も自信ないので尻込み。早めに出てきていて本当に良かったと思った。

 時は11月。皆、寒いのに、風に吹かれながら外で待っている。皆さん、暖かそうなコートをまとってらっしゃるけど、私の服はそうでもない。しかし列に加わらなければバスには乗れそうにない。結局私も外で待つしかないのだが、風が強く、とてもとても寒かったのを覚えている。

 最初の二台は乗らずに見送らなければならなかった。時間に余裕があったので良かったが、次のバスに乗らないと、飛行機の時間までがギリギリになってしまう。ここはフランス。時間通りにバスが来る保障は無い。絶対に次のバスに乗らなければ。

 やがてバスが来て、客がめいめいの大きな荷物をトランクに積んでいく。誰もその荷物を管理している人はおらず、皆、大きな重そうな荷物を我先にと積んでいた。私も積もうと果敢にトランクに向かったが、私が着いたときにはもう結構満杯だった。私は時間の危機感があったので、必死に乗せようと頑張った。私の背は小さい。でも、私に届く場所におけるスペースは空いてない。私の荷物は重くてなかなか高いところまで持ち上げられない。頬が上気するくらい荷物の取り回しに必死になっていたら、私の後ろにいたマダムが手伝ってくれた。有難うとお礼をいい、乗車しようとすると、運転手さんが、「もう人がいっぱいだからダメ」。いや、ここで引いたら、私と私の荷物が離れ離れになってしまう!私はカタコトのフランス語で、私の荷物はトランクにあるんだと説明。イマイチ通じてなかったが、さっきのマダムがまた助けてくれて、無事にバスに乗ることができた。

 こんな類のピンチは日常茶飯事。それが文化も違う、言葉の通じない国で暮らすということ。それは去年経験したので分かっていたことだ。

 エキサイティングだけど落ち着かない、1年間の再フランス留学の始まりはやっぱりこんな感じだった。

続きのストーリーはこちら!

11月の3話 先生のお迎え

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。