家族のコミュニケーション-その7  たたかれる妻―その1

1 / 2 ページ

前話: 家族のコミュニケーション-その6 夫婦の危機を乗り越える。
次話: 家族のコミュニケーション-その8  たたかれる妻―その2

たたかれる妻―その背後にあるのは何か

 

今回のコラムは聖書研究を中心にして、この問題を考えてみませんか。

 

■妻を殴るのはどんな種類の人ですか

家庭内暴力というと,粗暴な飲んだくれを連想しがちです。

しかし,家族内の暴力がそのような人に限られている訳ではありません。

 

「知的報告」というコラムはこう述べています。

「家庭内の暴力は,人種,階級,そして背景の別なくその影響を及ぼしている。

それは広く行き渡っており,中流階級の上層部でも,

下層階級と同じほどのひん度で起きている」。

(パレード誌,19771016日号,18ページ)

 

「殴られる妻:静かな危機」という本は次の点を指摘しています。

「たたかれた婦人たちの同僚の話によると,

その被害者の中には,医師,弁護士,大学教授,

果ては僧職者などの夫人もいる。

配偶者虐待に関するゲレス博士の調査によると,

暴力行為の最も多い家族は,収入の最も多い家族である」―7ページ。

 

家族内の暴力があらゆる種類の家族をそこない得るのは,

そして実際にそこなっているのはなぜでしょうか。

ほとんどの社会学者の見過ごしている,根本的な理由があります。

 

それを知っていれば,ご自分の家族について考えていようと,

親しい友人や親族の家族について考えていようと,

問題の根源を識別するのに役立ちます。

 

 

■■家族生活に何が起こったのか■■

 

家族生活を扱った最古の記録である聖書の中には,

最初の人間夫婦が完全なものだったことを示しています。

 

最初の人間であったアダムとその妻エバ(イブ)には不完全さ(罪)が

ありませんでした。

つまり二人の考え,行動,そして感情は,正しく釣り合いの取れた状態に

あったことを示しています。

ところが,その後二人は神にそむいたために,当然の結果として不完全に

なってしまった。と聖書は記録しています。

 

これはどのような事なのでしょうか。

神の導きなしに人間は幸福にはなれないと聖書は指摘しています。

最初の夫婦はその神の導きを嫌って、独立の道を歩み始めたのです。

 

その不従順の結果の一つとして,神の保護の無い生活がどうなるかを示して、

神は女にこう語られました。

「あなたは夫を慕い求めるが,彼はあなたを支配するだろう」。(創世3:16,新)

 

夫婦の関係はバランスを失いました。妻は夫に依存する,夫は自分の頭としての

権威を間違った仕方で行使し,妻を殴る暴君になることを予知されました。

 

ですから,家族内の暴力のすべての事例に共通する要素は何ですか。

それは人間の不完全さです。

 

ですから,家庭で暴力を振るうようになる邪悪な種は,

貧富の差や学問のあるなしにかかわらず,わたしたちすべての内

(不完全さ)にあるのです。

ですから誰でも、どの家庭でも問題を抱えていると言えるでしょう。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。