家族のコミュニケーション-その18  “だんまり戦術”を回避する

1 / 2 ページ

次話: 家族のコミュニケーション-その19  言い争いをやめるには

大きな問題が起こったわけでもないのに、表面的な平和を求めて、

口を聞かない事があるかも知れません。

“だんまり戦術”といいますが、何の解決にもならない戦術です。

戦術というからには、戦いに勝たなければならないのに、

だんまりでは何も成し遂げません。

 

 

◆◆なぜそうなるのか◆◆

 

◆報復。

ある人は,仕返しにだんまりを決め込みます。

例えば,妻が夫に内緒で高価な洋服を買ったとします。

そのことを知った夫は怒り,返してこいと言います。

妻は,逆切れで口を聞かなくなります。

「傷つけられたから,お返しよ」と言わんばかりです。

 

◆相手を操る。

人を自分の思いどおりにしようとするために

だんまりを決め込む人もいます。

私は機嫌が悪いのだと言わんばかりの“だんまり”で

人をコントロールしようとします。

 

夫が“だんまり“を決め込むと妻はあきらめ,

自分の言うとおりにするだろうと考えるのです。

 

“だんまり”が益になる場合もあります。

口論がヒートアップした時に少し間を置くなら,

頭を冷やすことができます。

そのような無言の時間(だんまりの時間)は益となるでしょう。

「黙っているのに時が」あると聖書は述べています。

 

しかし,報復や相手を操るために“だんまり戦術”を使うなら,

争いが長引くだけでなく,互いに対する敬意も薄れてゆきます。

どうすればそうした事態を回避できるでしょうか。

 

 

◆◆どうしましょうか◆◆

 

◆“だんまり戦術“には一時的な効果しかない。

確かに,口をきかないことでうさ晴らしになったり,

配偶者に言うことをきかせたりできるかもしれません。

しかし,愛することを誓った相手に,そのような接し方をすべきでしょうか。

もっとよい方法で争いを解決できるはずです。

 

◆識別力を働かせる。

刺激的で攻撃的な相手にいちいち反応しない事です。

そのためには相手の考えを識別する必要があります。

愛は「刺激されてもいら立ちません」。と言う言葉があります。

相手に対して愛や敬意があれば、刺激されてもいら立って、

“だんまり”になることはありません。

 

「あなたは全然聞いてくれない」とか,「君はぐずだね。いつも遅い」

といった感情的な言葉に,過剰に反応しないようにしましょう。

 

相手がどんな気持ちでそう言うのかを識別するようにします。

例えば,「あなたは全然聞いてくれない」という言葉は,

何かを聞いてほしいと言うのではなく、「さみしいわ」と言っているのです。

怒ることに遅い者は識別力に富み,短気な者は愚かさを高めているのです。

 

 

著者のもも と つばさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。