看護師として生きる

前話: 看護師として生きる
次話: 看護師として生きる

国家試験対策。



3年生になり実習が終わると


もう国家試験勉強まっしぐら。



テスト、テスト、テスト。

過去問、模試

テスト三昧。


そしてテストの結果で


A~Dクラスに分けられた。



私はDクラス。

そういう事だ。



「このクラスの合格率は3~4割です。」

教務主任かキッパリ言った。



あそ。



なかなか実感もわかず、


それより国家試験後は

いよいよ地元に帰らなきゃだな…


とそればかり思っていた。



本屋ですっごい分厚い


『看護師国家試験対策問題集』


みたいなのを買ったけど、


買って安心。

いつでも勉強出来ますから。


それで放置。



相変わらず友達と飲みに行ったり

彼氏と会ったり


ぐーたらな日々を過ごしていた。


彼氏とも残り数ヵ月だろうな…


って思っていたから、

彼氏の家に行って

泊まったりしていた。

泊まるっていっても

夜は仕事でいないから


結局1人なんだけど。


すれ違いの生活は相変わらずだった。



しかし、いよいよ年もあけて

2月になった頃に


さすがに

『ヤバイかも。』

と思い、問題集を広げた。


少しやってはソファーで横になり寝て


また少しやって横になり寝て、



その繰り返しだった。


勉強なんて楽しくないし、

わからないから尚更楽しくないし、

つまらないだらけで

眠気。



それで国家試験当日まで

悪あがきして


『やった気』


で試験に行った。




続きのストーリーはこちら!

看護師として生きる

著者のKaoru Katsumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。