②幼き日の傷が残したもの…

前話: ③幼き日の傷が残したもの…
次話: 幼き日の傷が残したもの…

物心ついた頃から、なんでだろう?

なんだか私はみんなと違う…


そう思う事がよくあった…。


保育園に預けられている頃から、園の行事に母があらわれる事は殆どなかった。


クリスマス会、お遊戯会、遠足、梨もぎ…いつも担任の先生が、母の代わりをしてくれた。


別に仕事を持っているわけでもない母だったが…。


小学校に上がって、突然の雨の日なども、昇降口には傘を持ったお母さん方が、待ち構えていたが、私にお迎えはなかった…

それでも毎回もしかしたら?…と私は必死に人混みを見回し、人影もまばらになった頃、諦めて走って帰った…


しずくを滴らせ、ブルブルと震える私を見て母は、レインコートを置いときなさい!と袋を出した。


元教師だったせいか、母はいつも命令口調で有無を言わせない感じだった。


ある日、レインコートを家に置いたままだった日、もの凄い土砂降りになり、さすがに今日は来てくれるかもしれない…

と、私はかすかな期待をしながら、長い事下駄箱の脇に立っていた…。


誰もすでにいなくなった校庭に、待ちわびた人影はあらわれる事なかった…


寒さと、悲しさにカチコチになっている身体を奮い起たせ、私は走り出した…。


必死に誰にも見られないように走った…。


すると雨にけむる中、

『ど~したの~?お母さんは?入って行きなさい~』

目をこらすと、近所のおばちゃんだった…。



私は返事もせず、また走った…

ずぶ濡れの姿を見られた恥ずかしさと、ひとりの悲しさに、逃げた…。


その頃から、なんだか私は人と違う…と感じでいた。そんな中思い出すとこんな私でも、未だに身体の中に微かに痛みに近いものが走る情景が…。


小学3年の運動会だったと思う…

昼休みになり、皆それぞれ応援に来た家族と、ビニールシートを引いてお弁当を広げているのだが…


いくらグルグルとトラックをの周りを回っても、私の家族が見つからないのだ…


廻りは楽しげに家族とお弁当を広げている…

何かあって遅れているのかも?…

と思った私は迎えに出るつもりで、ゆっくり家の方向へと歩き出した。

途中できっと会うだろう~と…

道に目をこらしながら、ゆっ~くり歩いた…。

でも、家族には結局行きあわず、とうとう家まで着いてしまった…そして家に入ると…


・・・


何事もないように、父、母、妹が素麺をすすっていた…。


続く…

続きのストーリーはこちら!

幼き日の傷が残したもの…

著者の稲葉 薫さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。