同年代の中ではトップクラスに頭を下げた回数が多いと思う私の話。6

前話: 同年代の中ではトップクラスに頭を下げた回数が多いと思う私の話。5
次話: 同年代の中ではトップクラスに頭を下げた回数が多いと思う私の話。7

1番頭を下げた話。

そろそろこのお話を読んでくださっている皆様も、具体的に頭を下げた話が聞きたいと思うのでここに書き連ねようと思う。


私が1番頭を下げた話は忘れもしない退職の日である。


これまでお世話になった方々に感謝の意味を込めて…

などという、クソみたいな御涙頂戴話ではないので、期待していただいた皆様方には申し訳なく思う。


身の回りの整理や私物の片付け、私によくしてくださっていたお客様の情報の引き継ぎなども終わり、とうとうやってきた退職の日。


思い返せば、様々な困難があった。

土地勘がなく、地理がわからず必死で自転車でホテル周りを駆けずり回った日。

初めて接する外国人ゲスト。

初めての夜勤。

初めて後輩を持った日のこと。

たくさんのことを勉強させてもらったなと思い返していた。


そんな時、私が1番勉強させていただいたお客様がご来館した。



ストーリーをお読みいただき、ありがとうございます。ご覧いただいているサイト「STORYS.JP」は、誰もが自分らしいストーリーを歩めるきっかけ作りを目指しています。もし今のあなたが人生でうまくいかないことがあれば、STORYS.JP編集部に相談してみませんか? 次のバナーから人生相談を無料でお申し込みいただけます。

続きのストーリーはこちら!

同年代の中ではトップクラスに頭を下げた回数が多いと思う私の話。7

著者のMizutani Keisukeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。