35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【2】人生の分岐点

1 / 3 ページ

前編: 35年間いつも側にいてくれた人と、別れたいと思った理由
後編: 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【3】おバカ夫婦時代

私が23歳の時、二人はW不倫をしていた。

15歳と17歳で付き合い始めて、私が高校卒業と同時に、安アパートに引越して、その後、同棲生活をするまでに至った相手、ヒロ。


お互いの関係に煮詰まり、三度目の

「別れてみよう」

を、繰り返していた時。


私は、ヒロとの価値観の違いに気付き、この人と結婚したら、きっと苦しむだろうと、思っていた。


そして、もう一つの理由。

どう頑張っても、『父と娘』のような関係から、抜け出す事のできない理不尽さ。


ヒロとの長い付き合いのうちに、私の中で、いつしか出来上がってしまった、マイナスの定義

ヒロは普通で正しい。

    Ⅱ

私は普通じゃない。間違っている。


この、洗脳のような作用で、私はヒロに自分をまっさらな、一人の人間として、認めてもらえてないと感じ、その事が辛かった。


そんな時、ヒロの方から、

「俺たち、もう一度一人になってみよう。」

と、言われ、離れた。


私は、女友達と、居酒屋で飲んで、その時、一緒に飲もうと誘われて、ご馳走してもらったサラリーマンと、少しの間、付き合う事になった。


彼は、30歳で、既婚者。子供はなし。奥さんに冷たくされてるから、たまに、二人で食事してほしい。という事だった。


私は、元々、結婚願望はないし、社会勉強もかねて、そんな関係も割り切れ、OKしたのだった。


彼は、なかなかのイケメンだったし、ヒロ以外の男性に、自分を認めてもらえる事が、何より嬉しかった。


ヒロは、スポーツマンだったので、酒も煙草もNGだったけど、不倫相手の彼は、煙草を吸い、二人で食事をする時は、毎回アルコールを楽しむ事ができた。

ヒロとは違う、大人の男性という感じだった。


だが、その彼は、腕を組んで歩いたり、公園のベンチで、そっと口づけをする程度で、私の終バスの時刻には、きっちりとバス停に送り届けて、見送ってくれる紳士?なのだった。

たぶん、彼も勇気が無くて、身体の関係を持たなければ、不倫している訳ではない、と、自分に言い訳していたのだろう。


でも、ヒロは、そうじゃなかったらしい。


3度目の別れている期間に、危うく二人が、ハチ合わせしそうになった時があった。

実際には、ヒロと彼は顔を合わせてはいないのだが、彼の存在がヒロにわかって、その時、ヒロから出た言葉は、

「さっきの人、誰?

 俺も、ちゃんと教えるから、

みんなの読んで良かった!