どうして帰ってきたの?

1 / 2 ページ

なぜか、幼いころから広告の仕事に携わりたかった。

そして熱い想いで上京し、なんとか超大手企業の子会社・・・ハウスエージェンシーにしがみついた。

仕事の内容はクライアントの子分のようなもので、曖昧な立ち位置で電通や博報堂とかの

大手広告代理店にに対峙する。


クライアントでもなく純粋な広告代理店でもない立場に

いつも卑屈な思いをもって、やるせなくこの社会の枠組みの中で憧れの方々と対峙していた。

しかし、私の業務と言ったら広告の仕事とはほど遠いものがほとんどで、

工程管理、調整事、膨大な事務処理、書類の作成などにに埋没する日々を過ごしていた。


そんなある日、私の状況を見かねてかクライアントからのプレゼントを貰う。

J-WAVEのラジオCM原稿の作成。最高の心遣いで、涙が出るほど嬉しく、局から手渡された

テープを何度も何度も擦り切れるほど繰り返し聴いた。


だけど、よりもどかしさは強くなり、凄く近くにいるんだが核心の部分に触れることができない立場。

そう、どことなく自分の存在、立ち位置がぐらぐらしてるような心もとなさ、

手を伸ばせば届きそうなのに届かない、そんな気持ちが日に日に大きくなっていく。


そんな折、奇しくも大手広告会社が本社とエリア会社に分社化するというNEWSが舞い込んでくる。

おそらく都心と地方のカロリーが見合わなくてリストラっぽく分社化するといった背景だろうが、

そこに加われば、やっと自分が求め望んだステージで生きていける。お手伝いではなく自分の手で

仕事を創っていける。そんな前のめりな気持ちでその情報を受け止めていた。


そこでいろんな方に頼り、いろんな方のアドバイスを受け、同じステージに立つために挑んだ。

結果、私は晴れて巨大広告会社のグループの一員になる。

その時、その瞬間、私は新卒で入社した時とは比べ物にならないくらいに心躍ったことを覚えている。


晴れて転職を果たし、これから新しいステージが広がっていくはずだった

しかし希望はすぐに打ち砕かれる。私の配属された支社は地方都市と言っても大きくて、

十分経済性のある環境と思えたが、そこには淀んだ空気とやる気のない人々が存在し、

おらがムラで勝手なことさせない。そんな空気が蔓延していた。


wato
なんだこれ。
これじゃあ分社化されるのも解るぜ。
ああ、こんなとこ来るんじゃなかった。

後悔先に立たず。

嘆いていても仕方がない。今まで私を育ててくれた人、私の背中を押してくくれた人。

そんな方々に恥じないように。少しでも恩返しができるように。

私の'暴走特急’ぶりはそこから始まる。

wato
わかった。もうやるしかない!
とことん行こう!

スイッチが入った。・・・とにかくがむしゃらに。

暴言や乱暴な態度で疎ましがられているのはわかったが、

やるしかないので睡眠時間を削り、休みを返上して、仕事に邁進していった。


もともと広告の仕事が大好きだったし、お手本は日本のTOPの諸先輩が

まじまじと見せつけてくれていたので、それの完璧トレースしていく。

生半可な道ではなかったが順次結果が表れていく。


そうなるとたまらない。私は波に乗った。どんどん仲間が増えていき

私の強烈な仕事流儀がまかり通り浸透していく。傍若無人ふりに拍車がかかる。

気が付くと売り上げは40億を超えようとしていた。


それは、当時の支社にとって過去最高の業績を残すことになり、さらにその業績は企業グループが

新体制になって20数年経っても、いまだに全支社の中でで最高値を記録している。


しかし、仕事が順調に行くほど生活は乱れる。出張で全国を飛びまわり家にも帰らない日が続く。

休まない寝ていない、体は悲鳴を上げている。でもとまらない・・・。




それは何の前触れもなくやってきた。

突然ブレーカーが落とされたように明かりが一瞬で消えていく。







妻からの視点に移る。


●2007.9.26

PM3:00 頭が痛いと電話がある。

       頭痛薬が家にあるかどうか聞かれたので、念のため病院に行くよう勧める。

PM10:00帰宅。

       自分で薬局に立ち寄り買ってきたらしい薬を飲み就寝。


●2007.9.27

       朝になっても頭痛はますますひどくなる一方。 

       熱 39.5度


wato
どうしても外せない打ち合わせがあるんだ!! いーから、とりあえず俺を病院に連れて行け!!


通常そんなに熱を出すことはないので普通ではない予感がしたが、

本人の言うとおり、会社の近くの内科に連れて行く。

打ち合わせが終わったらすぐタクシーで帰るよう伝え、病院前で降ろす。


この時点で意識が朦朧としてきていたのだろう。

病院では昔の家の電話番号を書いているし、診察中に 意識も失ったらしい。

とりあえず風邪薬を処方してもらい点滴を受けタクシーで家へ。


熱も高いので体を冷やしながらしばらく寝る。

夜になって熱と頭痛の苦しさに耐え切れなくなり自分から救急車を呼んでくれと訴える。


PM21:30 救急車到着。     

haru
「父さんは大丈夫だからね。すぐ帰るよ。二人でおふとんに入って寝ててね」

        お姉ちゃんが特に涙をためて不安そうではあったが子供達を残し直ちに出発。

        行きたかったS病院には受け入れ枠がないと言われO外科へ搬送。

        O外科???に疑問は抱きつつも救急病院指定ということでとりあえず搬送。


O外科にて

DC
ひどい風邪ひいちゃったんですかね~。とりあえず点滴して様子をみましょう。
とりあえずはそれで帰ってもらって治らなければまた来てくださいね~。

        点滴を受け多少熱がひいてきたので2時間程様子をみてタクシーにて帰宅。

        ジスロマックを処方される。


AM1:00 

        熱 40.0度 再度熱があがる  


●2007.9.28

        夜は2階で寝ていたはずなのに、1階のソファーで苦しそうに横になってる。

        熱 40.0度


        しゃべりかけても昨日のようなはっきりした反応がない。

        これってヤバイ??すぐ救急車を呼ぶ


AM8:00  心配そうなお姉ちゃんをなだめ、学校へ行かせる。

        救急車到着


AM8:30  弟は幼稚園を休ませることにする。

        救急隊員の方がストレッチャーを運んでくるが、歩けるから大丈夫だといい

        自力で救急車に乗る。3人で救急車に。


        「K病院でいいですか」


著者の広瀬 亘さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。