35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【4】介護疲れから鬱発症

1 / 4 ページ

前編: 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【3】おバカ夫婦時代
後編: 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【5】勇気を出して初告白

ヒロと結婚した時、神様は、なんてバランス良く、総合的に試練を与えるのだろう⁉︎と感心した。


それまで、家族のいない孤独や寂しさ、お金がない辛さやみじめさを味わい、いつも、自分が一番下で、なんとか身を守りながら、周りの顔色を伺って、協調性をみせ、社会からはじき出されないように努めてきた。

大人のドロドロした裏事情に巻き込まれ、利用され裏切られたりもした。

そんな私だったが、唯一、体が不自由な人の苦労というのは、経験した事がなかった。

その点では、五体満足に産んでくれた母に、とても感謝している。

だからこそ、神様は私に、

身体の不自由な両親を持つ長男と結婚

という、試練を与えたのだと思う。


義母は、先天性疾患を持って産まれたらしく、身長は130センチ位しかなかった。

肺だったか、腎臓だったか、左右対象にあるはずの臓器が、片方無く、出産時に片側の股関節が、外れてしまっていたのだが、それに気付かず成長し、そのまま歩き出してしまったので、ずれた位置で関節が固まり、足の長さが違っていた。

背中も、側湾症をおこし、片側だけが盛り上がっていた。


義父は、難病指定されている、筋萎縮症にかかっていた。


二人とも、頭はハッキリしているので、自分の体が、思うように動かせない事に対して、焦り、常にイライラと怒りを感じ、周りの人間(主に私とヒロ)に、感情をむき出し、怒りをぶちまけるのであった。


どこまで話を遡れば良いのか、難しいのだが、結婚する前から、自分は結婚に向かない人間だという自覚があった。

それなのに、人生の大きな波に押し流され、5年間の同棲生活の後、入籍してしまった。

その時点で、私はたぶん離婚するから、子供は作らないようにしようと、密かに決めていた。

ヒロは、自分の収入が安定しないので、しばらくは、子供を作らない方が良い。という考えだったので、珍しく二人の意志が合致して、入籍後も、9年間子供を作らない様にしていた。


昔の人には、当然、計画妊娠とか理解されず、旦那の両親には、私が子供ができない体質、と思われていたのだが、ある事をきっかけに、逆にこれ以上、私と義父母が歳をとってから、子供を産んだら、もっとしんどい事になる。と気付き、30代前半で娘を出産。

当時、義父は、車イス代わりに、滑車のついたフカフカの事務椅子に座って、生活をしていた。

みんなの読んで良かった!