運命なんてきっとないよ。ー出会って10年・交際0日で結婚したあいつとの話ー

1 / 6 ページ

君と出会ったのは、10年前。この街の人混みがまだ物珍しかったあの日。



3月に生まれた街を出て、新しい生活をスタートさせた18歳の4月。知った顔が誰もおらず、日本中いろんな土地の方言が飛び交うその教室で私は、ひとり自分の指定された席に腰をかけていた。

この中の五分の一はゴールデンウィークまでに辞めるのか...とネットの掲示板でみた学校のうわさを思い出す。

私の入学した専門学校は、新宿の一等地にそびえ立つ銀色のビル。日本では有名なファッションの専門学校だった。見渡す限り自分のアイデンティティを身にまとったような人ばかりで、私は尻込みをしそうになる。

高校の同級生たちはその日から人生の夏休みが始まるというのに、私は猛烈な課題と授業に追われる予定で、ついていけるか不安で、それでも憧れ続けたこの東京の、有名な学校にいま自分がいる、ということで胸がいっぱいになっていた。

自己紹介や入学の手続きなどを一通り終わらせ、その日は終了。本格的な授業は土日が開けた月曜からだ。


私は荻窪駅から徒歩3分の母親と見つけたワンルームマンションに帰る。まだ日は暮れていない。

ベットに寝転びながら、クラスメートの自己紹介を思い出す。

個性を全開に出すものも多く、何人かは名前と顔を覚えた。元来人の名前を覚えるのが得意だったので、その辺りは余裕だった。帰り際には金髪の女の子に話しかけられもした。

多分、友達関係は問題ないだろう。

ただ、いろんな地域の方言が飛び交うのにはかなりの疲労感を感じていた。自分自身が標準語に慣れていないということもあったが、まるで海外にいるみたいだった。

気がついたら、私は普段着のまま眠りについていた。


授業が始まって1週間。予想通り友達は何人かできたが、針も糸もまともに触ったことのない私は授業についていくのがやっとだった。

したことのない家事をこなしながら毎日授業を受けるのは、想像以上に労力を要したが、なんとか私はその日その日を過ごしていた。

その週の金曜日、早速クラスを仕切っているらしい年上の女の人が、みんなで親睦会を開こうと言った。つまり飲み会だ。

私は仲良くなった女の子2人が行くというので、出席に丸をつけ、渡された紙に電話番号を記載した。



親睦会は新宿の東口で開かれた。東京の居酒屋は初めてだったが、これは田舎とさほど変わりない。

40名ほどの参加者のみんなが思い思いに酒を飲み、会話をする。1週間のうちに話せなかった人とも話せて、とても有意義だったと思う。

二次会はカラオケに行くと幹事の女の人が仕切る。仲良しの2人は家が遠いのでここで帰ると言った。私は行くかどうするか迷ったが、その日初めて話したがなかなか気の合った女の子に誘われて一緒に行くことになった。

人前で歌うことも別段苦じゃなかった私は、いつの間にか乗せられて色んな歌を歌わされていた。年齢も出身地もバラバラな人ばかりだが、音楽は国境を越える、のかーー。

その時、私たちの部屋の扉がバーン! という大きな音を立てて開いた。私はびっくりして歌うのを止める。安っぽい伴奏だけがその場に鳴り響いた。

皆の注目を集めてしまったその張本人は、イェーイ!といって顔を真っ赤にして叫んでいる。そして、数人の同級生に羽交い締めにされてじゃれ合っていた。

私は一緒にきた女の子に「あいつ、だれ?」と聞くが、速攻で「だれやろ」と返された。

どうやら同級生のようだが、全く記憶にない。

あらかた酔っ払っているのだろう、と私はそのまま歌うのを続けた。


私らの出会いは、こんなもんだった。運命の人に出会った時はビビッとくる!なんて言うけれど、そんなものはない。

そんなものがあったら、どんなにわかりやすかっただろうか、と思うが、やっぱり本物の人生は月9のようにはいかないんだろうな。

とにかく、私の第一印象はつまり、第一印象にもならないくらいの印象だったのだ。


ーーーーー

新しい生活が始まって2ヶ月が経った。学校中に知り合いができ、忙しくも充実した生活をおくっていた。予想通り、80人いたクラスの三分の一は授業についていけず休学や退学をし、高い入学費を無駄にしているようだった。

そして、カラオケの時に騒いでいた同級生とはあれ以来すっかり仲良くなり、学校の日も休みの日も、ほとんどの日を一緒に過ごすようになった。なぜか落ち着く、と感じていたのは、きっとお互いに周りが田んぼだらけの田舎出身者だからだろう。

そいつはあの日はあんなに騒いでいたけれど、実は内気で恥ずかしがりの男の子。どうやら酒に弱いらしい。(顔が真っ赤だったのは、照れと酒の両方)クラスでもまったく目立たないため、親睦会の日まで存在に気がつかなかった理由も頷ける。


みんなの読んで良かった!