姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<1章>

1 / 4 ページ

前編: 姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<序章>
後編: 姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<2章>

「あのさ、ローチョコ、やんない?」


私が妹にこのたくらみを話したのは3年前の秋の初めだった。


実家で求人票を眺めため息をついている妹に声をかけた。

ちょっとズルいんだけど、この話を切り出すタイミングは「いまだ!」と思ってしまったんだよね。


私が急に予想もしないことを言いだすことに慣れていた妹だったが、

「ローチョコ」という初めて聞く言葉に返事をしようもなく「?」という顔をし、首を傾げていた。

 

妹の長男(自閉症)が大きくなり、次男ももうすぐ保育園。

今までのような勤務体制でも厳しくなってきた妹は子供最優先で生活を送れるように、と他の仕事を探すように。


しかし、求人を探せど自分の都合が最優先される仕事などあるわけもない。

この葛藤は「ママ」をやっている女性なら一度くらいは感じたことがあるだろうと思う。


なぜなら、かくいう私も「子供がいることで就職ができない」という現実を目の当たりにしてフリーランスという道を選んでいる。(勘違いされがちだが、私も妹も決して会社勤務が嫌で独立したわけではない。せざるを得なかったのだ)


私も妹と甥たちの生活ぶりをいつも見ていたし、妹にとっても甥たちにとっても一番いい形のワークスタイルはないだろうか?とずっと考えていた。


求人票を眺める妹の姿は、私にとっては「自営業」に引き込む絶好のチャンスだったのだ。



『大きくなったらお菓子屋さんになりたいな』



私「…ってアンタ、言ってたじゃん?」

妹『は?そんなこと言ったっけ?』

私「…………(遠い目)」


一瞬だけでも

「妹の小さなときの夢を、姉の私が叶える手伝いをしてあげられるかも!こんなこと覚えてた私って…いいおねーちゃんじゃん!」

と思ってしまった自分の気持ちは正直、北風にさらされたようだったが…(笑)

 

それでも妹なら「ローチョコレートの道」でやっていけるという未来絵図が私には見えた。

なので、薄っぺらではあったが私が知っている限りのローチョコレートの情報について伝えた。


・食べるだけで肌や髪がきれいになること

・食べても太らないこと

・虫歯にならないこと

・糖尿病の人にも低リスクで味わってもらえること

・300種類以上の豊富な栄養素が活きたまま摂れること


みんなの読んで良かった!